通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

Google Workspace で Gmail を使用できるようにする

会社のメールの配信先をインターネット上で通知します

この記事は、会社、学校、グループで利用する Google サービスまたはデバイスの管理者を対象としています。個人用(@gmail.com)アカウントをご使用の場合は、Google アカウント ヘルプセンターをご覧ください。

この操作が必要な理由

sales@[会社名].com 宛てのメールが送信される際、送信元のパソコンはメールの配信先を特定するために @[会社名].comMX レコードを検索します。

会社の Google Workspace アカウントで Gmail を使用するには、受信メールが Google のメールサーバーに配信されるようにドメインの MX レコードを変更する必要があります。

仕組み

Google Workspace のお申し込みガイド(初心者向け)

ドメイン([会社名].com など)には必ず各種 DNS レコードが設定されており、インターネット上で誰でも確認できます。DNS レコードにより、ウェブサイトの検索方法や会社のメールの配信先を他のコンピュータに知らせることができます。

  • Google Workspace 設定ツールから新しい MX レコードを取得します。
  • ドメイン登録事業者にログインして、現在のメール プロバイダにメールをルーティングしている ドメインの既存の MX レコードを削除し、Google MX レコードを追加します。
  • ドメイン登録事業者によって Google MX レコードが公開されると、ドメインで Gmail が有効になります。

Google が MX レコードを変更することはできません。この操作を行えるのはドメインの所有者のみです。

始める前に

簡単な作業ではありませんが、詳しくご説明しますのでご安心ください。

DNS レコードは、インターネットの普及当初から存在しています。ドメインごとに手順の異なる手間のかかる作業です。Google では作業の簡略化を図っておりますが、場合によってはスムーズに進まないことも考えられます。

この記事で手順を詳しく説明いたしますので、よくお読みください。

Gmail を有効にする準備

  • 会社の既存のメールアドレスはすべて Google Workspace アカウントに関連付ける必要があります。設定ツールを使用して、その他のメール アカウントを追加します。
  • この変更を行う際はタイミングを確認してください。新しい MX レコードがインターネット上で認識されるまでに最長で 48 時間ほどかかることがあります。それまでは、元のメール プロバイダにメールが送信されます。  

登録事業者にログインする必要があります

操作を開始する前に、 DNS 情報編集画面へのログインに必要なアカウント ID とパスワードがあることを確認します。アカウントについてサポートが必要な場合は、登録事業者にお問い合わせください。

ドメイン登録事業者が誰かを確認する

通常、次の事業者がドメイン登録事業者に該当します。

  • ドメインの購入元の会社。
  • お客様のウェブサイトをホストする会社。

登録事業者の特定に関するサポートも提供可能です。

 

Google Workspace 設定ツールを開く

このタスクを完了するには、Google Workspace 設定ツールを使用する必要があります。別のタブで設定ツールをまだ開いていない場合は、下のボタンをクリックして開いてください。

設定ツールを開く

重要: 設定ツールの手順で操作し、追加情報が必要な場合にのみこのページを確認してください。

サポートが必要な場合

青色のボタンをクリックするとエラーが表示される場合

設定ツールを利用できるのは Google Workspace と Cloud Identity の管理者のみです。他の Google サービスでは使用できません。

管理者アカウントでログインしていることを確認してください。

ドメインで Gmail が有効になっている場合

MX レコードの設定が完了しています。

メールを受信できない場合:

ご利用のメールアドレスの末尾が @gmail.com の場合

申し訳ございませんが、参照するページが間違っているようです。@gmail.com に関する問題については、こちらをクリックしてください。

Google Workspace で Gmail を有効にする方法


1

DNS レコードを確認する

始める前に: 一般的なドメイン登録事業者の固有の設定手順をご案内しています。該当するものをこちらからお選びください。


(a)

新しいタブで、ドメインの購入またはウェブサイトの管理に使用したアカウントとパスワードでドメイン登録事業者にログインします。  

(b)

ドメインの MX レコードを更新するセクションに移動します。このセクションには、次のいずれかのラベルがあります。

  • DNS 設定または DNS 管理
  • メール設定
  • 詳細設定

重要: MX レコードがわからない場合は、ドメイン登録事業者にお問い合わせください。

2

Google MX レコードを追加する


(a)

既存の DNS レコードを確認し、表示されている Google 以外の MX レコードをすべて削除します。

この画像は、汎用ドメイン登録事業者のユーザー インターフェースの例における既存の MX レコードを示しています。

(b)

新しいレコードを作成します。

この画像は、汎用ドメイン登録事業者のユーザー インターフェースの例における [New record] ボタンです。

(c)

新しい MX レコードの各フィールドを記入します。

この画像は、一般的なドメイン登録事業者のユーザー インターフェースの例を示しています。

  • レコードのタイプは MX を選択します。
  • [Name]、[Host]、[Alias] といったラベルが付いたフィールドを探します。「@」と入力します(@ を使用するとエラーが発生した場合は、空欄のままにしてください)。
  • [Value]、[Answer]、[Destination]、[Server] といったラベルが付いたフィールドに、「smtp.google.com」と入力します。
  • [TTL] 欄に「1 時間」と入力します。デフォルト値をそのまま使用することもできます。
  • [Priority] 欄に「1」と入力します。

注: 登録事業者が Google MX レコードを拒否している場合は、.COM の後にピリオドを追加してみてください。

MX レコードをサブドメインに追加する

既存の Google Workspace アカウントにサブドメインを追加する場合は、登録事業者の [Name/Host/ Alias] 欄にサブドメインを入力します。
たとえば、新しいサブドメインが support.your-company.com であれば、[Name/Host/Alias] 欄に「support」と入力します。この欄に「@」は入力しないでください。

Google Workspace に Gmail の有効化を指示する


(a)

Google Workspace 設定ツールを開いているブラウザタブに戻ります(閉じてしまった場合はもう一度ツールを開きます)。

(b)

ページの一番下までスクロールし、[Gmail を有効にする] をクリックします。

重要: 登録事業者によっては、MX レコードの公開にさらに時間がかかる場合があります。Google Workspace 設定ツールで新しいレコードが見つからない場合は、1 時間ほど待ってからもう一度お試しください。

DNS 設定についてサポートが必要な場合は、登録事業者にお問い合わせください。ドメイン管理の専門家によるサポートを受けられます。


すぐに有効にならない場合

登録事業者によっては、メール プロバイダの変更がインターネット上に反映されるまでに通常より時間がかかる場合があります。

  • Google Workspace で新しい MX レコードが見つからない場合は、数時間後にもう一度 [Gmail を有効にする] ボタンをクリックしてください。
  • Gmail の有効化が反映されるまでに最長で 48 時間ほどかかることがあります。新しい MX レコードがインターネット上で認識されるようになるまでは、元のメール クライアントにメールが届きます。

Gmail の使用を開始する

  1. admin.google.com に Google Workspace のユーザー名とパスワードでログインします。
  2. 右上のアプリ ランチャー アイコン  次に メールアイコン をクリックします。

Gmail のセキュリティを設定する

Gmail でメール認証とセキュリティ方式を有効にすることをおすすめします。

メール認証のベスト プラクティス

管理者の方には、ドメインに対して以下のメール認証方法を設定していただくことをおすすめします。

  • SPF: あるドメインから送信されたように見えるメールが、ドメイン所有者によって承認されたサーバーから送信されたものであることを受信サーバーで確認できます。
  • DKIM: すべてのメールにデジタル署名が追加され、この署名によって、メールが偽装されていないことと配信中に改変されていないことを受信サーバーで確認できます。
  • DMARC: SPF と DKIM でメールを認証し、不審な受信メールを管理できます。
設定方法の詳細については、なりすまし、フィッシング、迷惑メールの防止を支援するをご確認ください。

 

サポートが必要な場合

72 時間を経過しても MX レコードが反映されない場合や、ドメインの DNS 設定にアクセスできない場合は、ドメインホストに直接お問い合わせください。

メール配信のトラブルシューティングを行う場合は、MX レコードのトラブルシューティングをご覧ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー