ユーザーの完全に削除されたメールを復元する

この記事は管理者向けです。一般ユーザー向け Gmail アカウントの削除済みメールを復元したい場合は、メールを削除する、または復元するをご覧ください。

ユーザーが Gmail で削除したメールは 30 日間ゴミ箱に留まります。削除されたメールは次のような方法で取得、復元することができます。

  • 削除後 30 日以内であれば、メールを削除する、または復元するに記載された手順に沿って、ユーザー自身でメールを復元できます。
  • 30 日が経過している場合、メールはゴミ箱から完全に削除され、ユーザーも管理者もゴミ箱からメールを復元できなくなります。この記事では、削除後 30 日が過ぎたメールを管理者が復元する方法について説明します。

管理コンソールからメールを復元する

ゴミ箱から削除(30 日後)されても、その後 25 日間は削除済みのメールを管理コンソールで復元できます。後述の管理コンソールから Gmail のデータを復元するをご覧ください。

ゴミ箱から削除されてから 25 日が経過すると、メールは管理コンソールから完全に削除され、復元することはできなくなります。

Vault からデータを取得する

Google Vault を使用している組織では、25 日が経過した後もデータを取得できる可能性があります。保持ルールまたは記録保持(リティゲーション ホールド)の対象となっているデータであれば、検索して書き出すことができます。ユーザーの Gmail アカウントに直接データを復元することはできません。詳しくは、Vault での検索と書き出しのスタートガイドをご覧ください。

管理コンソールから Gmail のデータを復元する

重要:

  • 手順 7 で [復元] をクリックした後に、復元プロセスを中止または一時停止することはできません。
  • 復元するデータの量によっては、それらのデータとメールがユーザーのアカウントに表示されるまでに数日かかることがあります。
  • 組織で Google Vault を使用している場合、ユーザーのメールのデータに記録保持を適用するには、Vault ユーザーに依頼してください。記録保持を適用することで、ユーザーが取得する前にデータが削除またはパージされないようにできます。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] のリストで目的のユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. 対象のユーザーにカーソルを合わせて [その他のオプション] 次に [データを復元] をクリックします。

    ""

    このオプションは、ユーザーのアカウント ページの左にあるその他アイコン "" からも選択できます。
  5. 復元するデータの対象期間を選択します(過去 25 日以内)。
  6. 復元するデータの種類(Gmail)を選択します。
  7. [復元] をクリックします。

データが復元されたことを確認する

ユーザーの Gmail の受信トレイで、復元されたメールを確認します。

復元できるデータ

次のことが可能です。

  • 過去 25 日以内に完全に削除されたデータを復元する。
  • 復元するデータの対象期間を指定する。
  • ユーザーの Gmail の受信トレイにデータが復元されたことを確認する。

復元できないデータ

次のデータは復元できません。

  • 完全に削除されてから 26 日以上経過したデータ。
  • 迷惑メールフォルダから削除されたメール。
  • 削除されたメールの下書き。
  • 削除されたラベルやラベルのネスト構造。
  • ユーザーのゴミ箱のデータ。

関連トピック

メールを削除する、または復元する
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false