データ移行サービスが組織に適しているかどうか確認する

複雑な移行を行う組織や詳細なログが必要な組織には、データ移行サービスは適さない可能性があります。各移行サービスの違いについては、Google Workspace 移行サービスの一覧をご覧ください

データ移行サービスを使用する前に、考慮すべき点がいくつかあります。

移行するユーザー数

ほとんどの場合、データ移行サービスは 100 人以下のユーザー グループを移行する場合に最適に機能します。これ以上のユーザーを一度に移行することも可能ですが、パフォーマンスが低下するおそれがあります。

移行元アカウントの設定

移行元のアカウントには次の要件があります。

  • TLS 証明書を保有している。第三者のルート認証局が署名して信頼する証明書が必要です。自己署名証明書は十分ではありません。詳しくは、TLS 証明書を設定するをご覧ください。
  • 移行開始前に正しく設定されている。移行手順は移行元の環境によって異なります。詳しくは、移行元のアカウントを準備するをご確認ください。

移行元の環境、移行するデータの種類

移行元のアカウント 移行できるデータ

メモ

Exchange Online(Microsoft 365)

Exchange 2016

Exchange 2013

Exchange 2010

Exchange 2007

  • メール
  • 連絡先
  • カレンダーの予定
  • カレンダー リソース

1 回の移行でメール、連絡先、カレンダーのいずれかを移行できますが、同時に複数を移行することはできません。別々に移行を実施してください。

ご利用の Google Workspace のエディションが Essentials の場合、移行できるのはカレンダーのデータと連絡先のみです。メールは移行できません。

Exchange 2003 以前

IMAP ベースのウェブメール プロバイダ(1&1 IONOS、AOL、Apple iCloud、Bluehost、Yahoo!、Zoho など)

別の Google Workspace アカウント

個人用の Gmail アカウント(@gmail.com)

その他の IMAP サーバー

メール

 

 
HCL(旧 IBM)Domino サーバー メール データ移行サービスを使用して、メールのデータを HCL Notes から Google Workspace に移行することはできます。ただし、このタスクには Google Workspace Migration for HCL Notes (GWMHN) を使用することをおすすめします。詳細

次のステップ

新しい Google Workspace アカウントを設定する


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー