ユーザーとデバイスのコンテキスト情報に基づいて、アプリへのアクセスを制御する

コンテキストアウェア アクセスに関するよくある質問

コンテキストアウェア アクセスに関するよくある質問の回答を確認する

すべて開く  |  すべて閉じる

社内の一部のユーザーにコンテキストアウェア アクセス ポリシーが適用されないのはなぜですか?

すべてのユーザーに同じライセンスが割り当てられているとは限りません。ユーザーが、コンテキストアウェア アクセスがサポートされている Google Workspace エディションの組織部門またはグループのメンバーであることを確認してください。それには、管理コンソールの [お支払い] でユーザー ライセンスを確認します。

アクセスレベルが想定どおりに動作しないのはなぜですか?

コンテキストアウェア アクセス ポリシーのアクセス設定が、[属性に該当する] または [属性に該当しない] のいずれかの目的とする設定になっていることを確認してください。

コンテキストアウェア アクセスが Chrome ブラウザで動作しないのはなぜですか?

アクセスレベルでデバイス ポリシーを適用する場合、管理者とユーザーは Endpoint Verification を設定する必要があります。Endpoint Verification は管理コンソールで有効にすることができます。詳しくは、ソフトウェアを設定し、コンテキストアウェア アクセスレベルを作成するをご覧ください。

コンテキストアウェア アクセスが正しく設定されているにもかかわらず、ユーザー リクエストが拒否されるのはなぜですか?

アクセスレベルが正しく設定されているにもかかわらず、アクセスレベルでユーザー リクエストが拒否される場合、ユーザーはサーバー側のデバイスの状態を強制的に更新する必要があります。詳しくは、アクセスレベルが設定されたモバイル デバイスを使用する - トラブルシューティングをご覧ください。

Google Workspace のネイティブ アプリへのアクセスが想定どおりに機能しているのに、Chrome のウェブ アプリケーションへのアクセスが引き続きブロックされるのはなぜですか?

Chrome ブラウザ(パソコン版とモバイル版)のユーザーは、Chrome ブラウザで同期をオンにする必要があります。詳しくは、Chrome で同期のオンとオフを切り替えるをご覧ください。

コンテキストアウェア アクセスが正しく設定されているのに、Safari へのユーザー アクセスが拒否されるのはなぜですか?

iCloud で Apple Private Relay が構成されている場合、デバイスの IP アドレスは表示されません。Google Workspace は匿名の IP アドレスを受け取ります。この場合、コンテキストアウェア アクセスレベルが IP サブネットとして割り当てられていると、Safari でアクセスが拒否されます。この問題を解決するには、Private Relay を無効にするか、IP サブネットを含むアクセスレベルを削除します。

コンテキストアウェア アクセスレベルを追加または変更する場合に Google Cloud Platform を使用してはならないのはなぜですか?

Google Workspace のみを使用しているお客様には、コンテキストアウェア アクセスレベルを追加または変更する場合に、Google Cloud Platform(GCP)のインターフェースを使用しないことをおすすめします。コンテキストアウェア アクセスのインターフェース以外の方法でアクセスレベルを追加または変更すると、「Google Workspace でサポートされていない属性が使用されているため、ユーザーがブロックされる可能性があります」というエラー メッセージが表示されることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
73010
false
false