SPF に関する問題のトラブルシューティング

なりすましとフィッシングへの保護対策を行い、メールが迷惑メールに分類されないようにする

SPF を設定してもドメインから送信されるメールで以下の状況が引き続き発生する場合は、この記事の手順を行ってください。

  • SPF 認証に合格しない
  • 受信サーバーに拒否される
  • 受信者の迷惑メールフォルダに送信される

注: SPF 認証が機能し始めるまで、SPF レコードを追加してから最長で 48 時間ほどかかることがあります。

SPF の基本的なトラブルシューティング

SPF に関する問題の多くは、このセクションの手順に沿って特定、解決できます。

SPF が正しく設定されていることを確認する

SPF レコードが正しく設定されていることを確認するため、次の設定手順を調べてください。

  1. 既存の SPF レコードの有無を確認する
  2. SPF レコードを定義する
  3. ドメイン プロバイダで SPF レコードを追加する
  4. ドメインの SPF レコードが 1 つだけであることを確認する

送信メールが SPF 認証に合格したことを確認する

メールのヘッダーには、SPF 認証チェックの結果が含まれています。ドメインから送信されたメールが SPF 認証に合格したことを確認します。

おすすめの対応手順:

  • ドメインから送信されたメールのヘッダーを確認して、SPF に合格したかどうか確認します。
  • Gmail のメールで [メッセージのソースを表示] をクリックし、元のメッセージの SPF ステータスを確認します。詳しくは、Gmail でメッセージ ヘッダーを確認する方法に関する記事をご覧ください。
  • Google 管理者ツールボックスの Messageheader ツールにメッセージ ヘッダーを入力し、SPF のステータスを確認します。

現在あるすべてのメール送信元が SPF レコードに含まれていることを確認する

ドメインに代わってメールを送信するサービスまたはサーバーで SPF レコードに含まれていないものがある場合、受信側のサーバーでメールが迷惑メールに分類される可能性があります。

おすすめの対応手順:

メール転送を確認する

ドメインに SPF が正しく設定されていても、転送メールが SPF に合格しないことがあります。この一般的な原因としては、転送サーバーでメールを転送する方法が考えられます。

おすすめの対応手順:

  • メールログ検索でメールの詳細情報を取得して、メールが転送されたことを確認し、元の受信者アドレスを取得します。メールを迷惑メールとして報告したユーザーが元の受信者ではない場合、そのメールは転送された可能性があります。
  • メールを転送したサードパーティに問い合わせて、メールを転送する方法を変更できるか確認してください。
  • 詳細なトラブルシューティングで説明するツールを使用して、不審なメール アクティビティがないか確認します。これは、スパマーがメールを転送してドメインや組織になりすます場合があるためです。

メール送信の方法を確認する

ドメインに有効な SPF レコードがあるにもかかわらず、メールが引き続き迷惑メールに分類される場合、原因は SPF 以外にある可能性があります。

おすすめの対応手順:

SPF の詳細なトラブルシューティング

基本的なトラブルシューティング手順では問題を特定できなかった場合は、詳細なトラブルシューティング手順をお試しください。

メッセージ ヘッダーで SPF 認証結果を取得する

ドメインから送信されるメールのヘッダーには、SPF 認証に関する情報が含まれています。ドメインから送信されたメールのヘッダー全体を取得するには、ヘッダー全体からメールの経路を確認する手順を行います。

Authentication-Results で始まるメッセージ ヘッダーの部分を見つけ、spf エントリの横にある文字列に注目します。ヘッダーのこの部分の情報に応じて、以下のおすすめの対応手順を行います。

メッセージ ヘッダーの内容 考えられる原因 おすすめの対応手順
Authentication-Resultsspf エントリがない場合 メールは SPF チェックを受けていません。SPF レコードが正しく設定されていない可能性があります。 SPF が正しく設定されていることを確認します。
spf エントリに best guess record が含まれる場合

考えられる原因としては、次が含まれます。

  • ドメインに SPF が設定されていません。
  • ドメインに SPF が正しく設定されていません。
  • ドメイン プロバイダの DNS に問題があります。
SPF の結果が neutralsoftfailfail の場合

SPF の結果とは、spf= の後に続く文字列です。

考えられる原因としては、次が含まれます。

  • 正当な送信元から送信されたメールですが、その送信元の IP アドレスが SPF レコードに含まれていません。
  • 未確認の IP アドレスから意図的に送信されたメールです。
  • 未承認の送信元から送信されたメールです。この場合、SPF の結果は間違っていません。
SPF の結果が temperror または permerror の場合

SPF の結果とは、spf= の後に続く文字列です。

考えられる原因としては、次が含まれます。

  • 正当な送信元から送信されたメールですが、その送信元の IP アドレスが SPF レコードに含まれていません。
  • 未確認の IP アドレスから意図的に送信されたメールです。
  • 未承認の送信元から送信されたメールです。この場合、SPF の結果は間違っていません。

 

SPF レコードの DNS ルックアップを確認する

SPF レコードでは最多 10 回のルックアップがサポートされているため、SPF TXT レコードに 10 回を超える他のドメインへの参照を含めることはできません。SPF レコード内の amxincludeptr の各機構によってルックアップが生成されます。

TXT レコードのルックアップが 10 回を超える場合、ドメインからのメールは SPF に合格せず迷惑メールに分類される可能性があります。

DNS ルックアップとは: メールサーバーで受信メールを SPF レコードと照合する際に、サーバーでルックアップを実行する必要が生じる場合があります。ルックアップとは、ドメインの IP アドレスを見つけるプロセスです。SPF レコードで組織に代わってメールを送信するドメインを承認すると、受信サーバーは承認済みのドメインの IP アドレスを確認します。

おすすめの対応手順:

  • Google 管理者ツールボックスの Check MX ツールを使用して、SPF レコードのルックアップ回数を確認します。
  • 重複する機構、同じドメインを参照する機構を削除します。
  • ネストされたルックアップも 10 回の制限にカウントされます。SPF レコードにドメインが含まれていて、そのドメインの SPF レコードに他のドメインが含まれている場合、他のドメインも SPF レコードの制限にカウントされます。
  • include 機構を使用する際は、ネストされたルックアップによって SPF レコードのルックアップが 10 回を超える可能性があることにご注意ください。
  • ip4ip6 機構を使用する際は、SPF レコードに 255 文字の制限があることにご注意ください。
  • メールを日常的に送信しているドメインのみを含めます。
  • ドメインに代わってメールを送信しなくなったサードパーティの include 機構はすべて削除します。

Google Workspace レポートツールで詳しい分析情報を取得する

ドメインのメール配信と認証に関する詳細情報を取得するには、以下の Google Workspace レポートツールをお試しください。

ツール おすすめの対応手順

メールログ検索

転送に関する問題のトラブルシューティングに役立てるため、メールログ検索(ELS)を使用して受信メールと送信メールの元の宛先アドレスを取得します。ELS には受信メールの送信元 IP アドレスが含まれているため、SPF 認証に関する問題をトラブルシューティングできます。ELS にはドメイン内のユーザーが受信したメールが迷惑メールに分類されているかどうかも表示されます。

認証レポート

認証レポートを使用して、ドメインからのどのメールが SPF、DKIM、DMARC 認証チェックに合格したか確認します。

Postmaster Tools

大量のメールを定期的に送信する場合は、Postmaster Tools を使用してドメインから送信されたメールの詳細を取得します。このツールには、配信エラー、スパムレポート、フィードバック ループに関する情報が含まれます。

セキュリティ調査ツール

セキュリティ調査ツールを使用して受信メールの認証ステータスを取得し、未認証の受信メールを識別します。

BigQuery と Gmail のレポート

BigQuery と Gmail のレポートを使用して、受信メールの認証ステータス、個々のメールに関する詳細情報、一定期間にわたる配信統計情報を取得します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false