SPF レコードを定義する: 基本設定

なりすましとフィッシングへの保護対策を行い、メールが迷惑メールに分類されないようにする

この記事の対象者

この記事は、SPF やメールサーバーの設定に不慣れな方を対象としています。この記事では、Google Workspace でのみメールを送信する、または Google Workspace に加えてその他のメールツールでもメールを送信するための標準の SPF レコードについて説明します。SPF に関する高度な技術情報(SPF レコードの要件、SPF レコードの構文、SPF によるメール配信への影響など)については、SPF レコードを定義する - 詳細設定をご覧ください。

SPF レコードを見ることで、貴組織のドメインに代わりメールを送信することを許可されているメールサーバーとドメインがわかります。受信サーバーは貴組織の SPF レコードをチェックすることで、貴組織を送信元とするメールが、貴組織が許可するサーバーから送信されたものであることを確認します。

Google Workspace でのみメールを送信する場合は、SPF レコードを定義する: 基本設定に沿って SPF レコードを取得してください。

ドメインに設定できる SPF レコードは 1 つだけです。ただし、ドメインの SPF レコードには、ドメインに代わってメールを送信できるサーバーとサードパーティを複数指定できます。

Set up SPF

SPF を設定するには、ドメイン プロバイダで DNS TXT レコードを追加します。

SPF レコード: Google Workspace のみ

Google Workspace のみを使用して組織からのすべてのメールを送信する場合は、SPF レコードに次のテキスト行をコピーして貼り付けます。

v=spf1 include:_spf.google.com ~all

次のステップ

そのまま次のステップに進み、ドメイン プロバイダで SPF レコードを追加します。

SPF レコード: Google Workspace とその他の送信元

Google Workspace に加えて、その他のサーバーまたはサードパーティのサービスを使用してメールを送信する場合は、これらの送信元を承認するカスタム SPF レコードを作成します。ご利用のサービスが不明な場合は、SPF を設定する前に組織のすべてのメール送信元を特定するをご覧ください。

SPF レコードには、Google Workspace への参照と、ドメインに代わってメールを送信するすべてのサーバーまたはサービスのドメインと IP アドレスへの参照が含まれている必要があります。

SPF レコードの例: Google Workspace とその他の送信元

Google Workspace とその他の送信元を使用する一般的なメール設定の SPF レコードの例を次に示します。すべての例には、Google Workspace でメールを送信するために必要な _spf.google.com が含まれています。

まず次の Google Workspace の SPF レコードを追加してから、その他の送信元の情報を追加します。

v=spf1 include:_spf.google.com ~all

重要: この表で使用されている IP アドレスとドメイン名は一例です。例として使われているIP アドレスとドメインを、送信元の IP アドレスとドメインに置き換えてください。

SPF レコードの例 説明
v=spf1 ip4:192.168.0.0/16 include:_spf.google.com ~all

ドメインに対して次のメール送信元を承認します。

  • IP アドレスが 192.168.0.0192.168.255.255 のサーバー
  • Google Workspace
v=spf1 ip4:192.168.0.0/16 include:_spf.google.com include:sendyourmail.com ~all

ドメインに対して次のメール送信元を承認します。

  • 192.168.0.0192.168.255.255 のサーバー
  • Google Workspace
  • サードパーティのサービス Sendyourmail
v=spf1 a:mail.solarmora.com ip4:192.72.10.10 include:_spf.google.com ~all

ドメインに対して次のメール送信元を承認します。

  • サーバー mail.solarmora.com
  • IP アドレスが 192.72.10.10 のサーバー
  • Google Workspace
v=spf1 include:servers.mail.net include:_spf.google.com ~all

ドメインに対して次のメール送信元を承認します。

  • サーバーが servers.mail.net のサードパーティのサービス
  • Google Workspace

次のステップ

ドメインの SPF レコードを作成したら、ドメイン プロバイダで SPF レコードを追加します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false