Google Workspace for Education の保存容量

2. 利用可能な保存容量と現在の使用量を把握する

Google Workspace for Education の各種エディションを対象とする新しいストレージ ポリシーでは、100 TB のストレージ プールを基本容量として提供するほか、保存容量を追加するオプションもご用意しています。2022 年 7 月から適用される変更に備える方法をご確認ください。

ステップ 1: 保存容量の上限を計算する

新しいポリシーの適用後に使用できる保存容量は、エディションによって異なります。

  • Education Fundamentals: 組織で共有できる 100 TB のストレージ プール
  • Education Standard: 組織で共有できる 100 TB のストレージ プール
  • Teaching and Learning Upgrade: 組織で共有できる 100 TB のストレージ プールに加えて、ライセンスごとに共有プールに 100 GB 追加
  • Education Plus: 組織で共有できる 100 TB のストレージ プールに加えて、ライセンスごとに共有プールに 20 GB 追加。以前の G Suite Enterprise for Education ライセンスを引き続き使用しているお客様にも、有料の従業員ライセンスごとに 100 GB が共有プールに追加されます。

注: アクティブ ユーザー数が 20,000 を超える教育機関には、20,000 人を超えるユーザーごとに 5 GB の保存容量が追加されます。アクティブ ユーザーは、過去 180 日間における、30 日間のユニーク ログイン数の最大値としてカウントされます。30 日間のユニーク ログイン数を確認する方法をご覧ください。カウントは年に 2 回自動更新され、それに応じて合計保存容量が更新されます。

保存容量の上限の計算例

  • Google Workspace for Education Plus を 10,000 ライセンス購入した場合、ストレージ プールは 300 TB です。

    100 TB(基本保存容量)+ (10,000 ライセンス × 20 GB = 200 TB) = 300 TB の保存容量を利用可能

  • Teaching and Learning Upgrade を 100 ライセンス購入した場合、ストレージ プールは 110 TB です。

    100 TB(基本保存容量)+ (100 ライセンス × 100 GB = 10 TB) = 110 TB の保存容量を利用可能

ステップ 2. ストレージ使用量を把握する

管理者向けストレージ管理ツール、レポート、ログを使用して、ストレージ使用量を把握します。

  • 管理コンソールでストレージを確認する - ストレージ使用量が特に多いサービス、ユーザー、共有ドライブの概要を確認できます(次のセクションで手順を説明します)。
  • アカウント レポートを作成する - 現在のストレージ使用量をユーザーごとに確認し、外れ値を特定します。このレポートは、Google スプレッドシートにエクスポートできます。アカウント レポートの作成方法
  • 共有ドライブを管理する - 組織での共有ドライブの使用状況を確認し、そのストレージ使用量を特定します。共有ドライブのユーザーや操作を管理する方法
  • BigQuery ログを使用する - レポートデータを BigQuery にエクスポートして、ストレージ使用量(サービスごとのストレージ使用量を含む)を照会し、可視化します。Google Workspace for Education Plus が必要です。BigQuery でストレージのログを分析する方法

ストレージの総使用量を確認する

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [ストレージ] にアクセスします。
  3. 上部に、組織のストレージ使用量の合計と、ドライブ、Gmail、フォトのストレージ使用状況が表示されます。

ストレージ使用量が特に多いユーザーを特定する

ユーザーのストレージ使用量は、いくつかの方法で確認できます。特権管理者は、[ストレージ] ページを使用できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [ストレージ] にアクセスします。
  3. [ストレージを最も使用しているユーザー] で、ストレージ使用量が多いユーザーを確認できます。

特権管理者ではない場合、またはサービスごとの使用状況などの詳細を確認する場合は、アカウント レポートを作成します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. [ユーザー レポート] 次に [アカウント] をクリックします。
  4. レポートのダウンロード アイコン "" をクリックします。
  5. [列を選択] で、[現在選択されている列] または [すべての列] をクリックします。
  6. [ダウンロード] をクリックします。
  7. [Google スプレッドシートで開く] をクリックします。
  8. 一番上の行でフィルタを有効にします。
  9. ストレージ使用量が特に多いユーザーを確認するには、[合計使用容量(MB)] 列を選択し、[データ] 次に [[列文字] を基準に降順でシートを並べ替え] をクリックします。

ストレージ使用量が特に多い共有ドライブを特定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [共有ドライブの管理] をクリックします。
  4. [使用容量] 列見出しをクリックして、各共有ドライブのストレージ使用量を基準に並べ替えます。
 

次へ: 空き容量を増やす、または保存容量を追加する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false