グループのサービスとインターフェースについて

このページは管理者専用です。自分のアカウントのグループを管理する場合は、Google グループのヘルプをご覧ください。


Google Workspace のグループ機能は、グループの作成と管理、ユーザーの機能の有効化、グループを使用するためのポリシーの管理などを行う、いくつかのコンポーネントで構成されています。

管理者が組織のグループを管理するために使用できる各コンポーネントの概要は、次のとおりです。

グループを個別に管理する

管理コンソールのグループリスト
場所: 管理コンソールのホーム画面 次に ["" グループ]
使用者: 管理者

説明:

組織のグループを作成、管理する

管理コンソールのグループリストは、組織のグループを管理するメインのハブになります。グループの作成、メンバーの追加、グループのさまざまな設定の変更などがここでできます。ここで作成したグループは、コミュニケーションとコラボレーションのためのグループ(メーリングリストなど)や設定グループとして使用できます。

詳細:

Google グループ アプリ
場所: アプリ ランチャー アイコン "" 次に グループ アイコン ""groups.google.com
使用者: 管理者とユーザー

説明:

共同トレイなどの機能を追加する

ビジネス向け Google グループ サービス(以下を参照)を有効にすると、Google グループ アプリを使用して組織のグループを管理し、管理コンソールと同じ操作のほとんどを行えるようになります。また、その他の機能も追加できるようになります。ビジネス向け Google グループの設定によっては、グループを作成、管理する権限をユーザーに付与することもできます。

詳細:

対象グループのリスト
場所: ["" ディレクトリ] 次に [対象グループ]
使用者: 管理者

説明:

ドライブ、ドキュメント エディタに推奨できる共有グループを作成する

対象グループとは、アイテムの共有先としてユーザーに推奨できる部署、チーム、その他のグループのことです。Google ドライブ、ドキュメント エディタのユーザーの共有設定に対象グループを追加すると、ユーザーに組織全体ではなく適切なチームとアイテムを共有するよう推奨できます。

詳細:

組織全体のポリシーを設定する

ビジネス向け Google グループ サービス
場所: 管理コンソールのホーム画面 次に [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に ["" ビジネス向け Google グループ]
使用者: 管理者

説明:

内部グループ向けの Google グループ機能を有効にして管理する

ビジネス向け Google グループ サービスでは、ユーザーが Google グループ アプリ(groups.google.com)を使用して組織の内部グループにアクセスできるかどうかを管理できます。また、グループを作成、管理できるユーザー、グループのディスカッションに参加できるユーザーに関するポリシーを設定できます。

詳細: ビジネス向け Google グループのご利用について

Google グループのその他のサービス
場所: 管理コンソールのホーム画面 次に [アプリ] 次に [その他の Google サービス] 次に ["" Google グループ]
使用者: 管理者

説明:

外部グループへのアクセスを許可またはブロックする

管理コンソールの従来の Google グループ(その他のサービス)の設定では、ユーザーに Google グループ アプリからの外部グループへのアクセスを許可するかどうかを管理できます。この外部グループには、一般ユーザー向けのグループや、組織内のユーザーが自身の Google Workspace アカウントを使用して登録した可能性がある組織外のグループなどが含まれます。

詳細: 外部グループへのアクセスを許可またはブロックする

詳細オプション

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false