Gmail、Chat、Meet のスマート機能とパーソナライズを有効または無効にする(地域固有)

重要: ドメインの拠点がヨーロッパにある場合、これらの設定はデフォルトで無効になります。管理コンソールで設定の値を選択しない場合、ユーザーが Gmail アプリのポップアップ ウィンドウで選択するよう求められます。

情報をより詳細に管理し、コンプライアンス要件に準拠するために、管理者またはユーザーは、Gmail、Chat、Meet のスマート機能とサービス間のデータ共有を有効または無効にすることができます。これらの設定により、Gmail、Chat、Meet のユーザーの情報をどのように使用し、どのように他の Google サービスと共有するかを決定することができます。

設定には次のようなものがあります。

  • Gmail、Chat、Meet のスマート機能とパーソナライズ - デフォルトで、ユーザーの Gmail、Chat、Meet のデータを、これらの各サービス内でスマート機能を提供するために使用するかどうかを選択できます。

    Gmail、Chat、Meet のデータを使用するスマート機能の例として、以下のようなものがあります。
    • 受信トレイのメイン以外のタブ([ソーシャル]、[プロモーション] など)へのメールの自動振り分け
    • スマート作成とスマート リプライ
    • メールに表示される概要カード(例: 荷物追跡情報や旅行プラン)
    • メールに記載された予定の詳細を使用したカレンダー エントリの作成
  • 他の Google サービスのスマート機能とパーソナライズ - ドメインで利用できる他の Google サービス(Gmail、Chat、Meet 以外)で、ユーザーにパーソナライズされたエクスペリエンスを提供するために、デフォルトで Gmail、Chat、Meet のデータを使用できるようにするかどうかを選択します。

    Gmail、Chat、Meet のデータを使用する Google サービスの機能には、以下のようなものがあります。
    • Google アシスタントのリマインダーで請求書の支払い期限を通知
    • レストランの予約を Google マップに表示
    • Google Travel に旅行プランをまとめて表示
    • Google Pay でポイントカードやチケットを表示

スマート機能とパーソナライズの有効化 / 無効化を選択できるロールを決定する

これらの機能の有効化 / 無効化は、ユーザーのために管理者が設定することも、ユーザーが各自で設定することもできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [スマートな機能とパーソナライズ] に移動します。
  3. 次のいずれかを選択します。
    • ユーザーのデフォルト値を設定しない - ユーザーはスマート機能とパーソナライズを自分で有効または無効にできます。各機能を有効にするか無効にするかをユーザーが選択できるようにする場合は、Gmail、Chat、Meet とそれ以外の Google サービスにおける、スマート機能とパーソナライズ設定をユーザーに読んでもらうことをおすすめします。
    • ユーザーのデフォルト値を設定する - この設定を選択して、その下のチェックボックスをオンにすると、ユーザーに対するスマート機能とパーソナライズ設定がデフォルトで有効になります。

      スマート機能とパーソナライズを有効または無効にするには、対応するチェックボックスをオンまたはオフにします。オンにすると、ユーザーのスマート機能とパーソナライズ機能が自動的に有効になるので、ユーザーによる操作は不要です。ユーザーは後でこの機能を無効にできます。

      : これらのチェックボックスをオフにしておくと、ユーザーは各自で設定することができます。

すべてのユーザーに変更が反映されるまでに、最長で 24 時間かかることがあります。行った変更は管理コンソールの監査ログで確認できます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。