Chat とサードパーティ製アーカイブ ソリューションとの連携

サポート対象エディション: Enterprise、Education Fundamentals および Plus。  エディションの比較

管理者は、Google Chat のメッセージがメール ジャーナルとしてアーカイブされるようにサードパーティ製ソリューションを設定できます。このソリューションは次のような場合に役立つ可能性があります。

  • 電子ストレージに関する要件(SEC Rule 17a-4 など)を遵守する
  • サードパーティ製アーカイブ ソリューションを使い続ける

統合の仕組み

Chat をサードパーティ製アーカイブ ソリューションと連携するには、ジャーナル メッセージの転送先となるメールアドレスを指定します。1 対 1 のダイレクト メッセージ、グループ チャット、スペースに参加しているユーザーのうち 1 人がアーカイブを有効にすると、アーカイブが開始されます。これより前に送信されたチャットのメッセージはアーカイブされません。

重要: 連携するサードパーティ製アーカイブ ソリューションで、Transport Layer Security(TLS)接続でのメッセージ送信が必須になっている必要があります。TLS は、メールを暗号化してプライバシーを保護するセキュリティ プロトコルです。TLS に対応していないサードパーティ製アーカイブ ソリューションにジャーナル メッセージを送信しようとしても、そのメッセージは配信されません。

始める前に

オフレコ メッセージはアーカイブされないため、次のように設定することをおすすめします。

  • [チャットの履歴] をオンにする
  • [ユーザーに履歴設定の変更を許可する] をオフにする

手順については、Google のチャットの履歴を有効または無効にするをご覧ください。

サードパーティ製アーカイブ ソリューションを設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Chat と従来のハングアウト] にアクセスします。
  3. [サードパーティによるアーカイブの設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [アーカイブを有効にする] チェックボックスをオンにします。
  6. [配信先アドレス] に、ジャーナル メッセージの宛先となるメールアドレスを入力します。これがサードパーティ製アーカイブ プロバイダのメールアドレスになります。
  7. [アーカイブの頻度] に、メッセージを生成する頻度(1~24 時間ごと)を入力します。
  8. (省略可)[カスタム ヘッダー] に、Chat メッセージを一意に識別するために使用するメッセージ ヘッダーをカンマ区切りで入力します。
  9. [保存] をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false