アカウントのアクセスを管理する

Google アカウントで Android 端末にログインすると、すべてのメール、連絡先、カレンダーのイベントなどのアカウントに関連付けられているデータが端末上で同期されます。

Google アカウントとリンクしているアプリの同期方法はモバイル端末から管理できますが、お子様が保護者のアカウントを使用して YouTube Kids の機能を使用する場合は、お子様向けの制限付きプロファイルを作成することをおすすめします。制限付きプロファイルを作成すると、その端末で使用できるアプリ、機能、コンテンツを選択できるようになります。たとえば、制限付きプロファイルを作成して、家族がタブレットから成人向けコンテンツを視聴できないようにすることができます。

制限付きプロファイルを作成する
  1. 設定アプリ を開きます。
  2. [端末] で [ユーザー] を選択します。
  3. [ユーザーまたはプロファイルを追加] をタップします。
  4. [制限付きプロファイル] をタップします。新しいプロファイルと設定の一覧が表示されます。プロファイルに名前を付けるには、[新しいプロファイル] をタップします。
  5. 設定  のオンとオフを切り替えて、そのユーザーがアクセスできる機能や設定を選択します。
  6. 新しいユーザーが一緒にいる場合: 戻る矢印 をタップしてから新しいユーザーをタップし、新しいユーザーの Google アカウントと詳細を設定します。
  7. 新しいユーザーが一緒にいない場合: 戻る矢印 をタップします。次回ユーザーを切り替えるとき、画面の指示に従って Google アカウントと詳細を設定します。

設定後、制限付きユーザーのホーム画面には何も表示されません。アプリやウィジェットをホーム画面に追加する方法をご確認ください。
 

特定のアプリの自動同期をオンまたはオフにする

特定のアプリの自動同期のオンとオフを切り替えることができます。

端末上のアプリの同期を管理する方法

  1. お使いのモバイル端末で設定 を開きます。
  2. [ユーザー設定] で [アカウント] をタップします。OS が Android 4.4. 以前の端末の場合は、[アカウント] の下を見てください。
  3. 自分のアカウントをタップします。端末で Google アカウントを使用している場合は、[Google] をタップしてからアカウントをタップします。
  4. 同期の設定を変更したいアカウントをタップします。このアカウントで同期できるアプリとデータの一覧と、それらが最後に同期された日付が表示されます。
  5. 自動同期する項目はオン(ボタンをオン)にし、自動同期しない項目はオフ(ボタンをオフ)にします。アプリの同期をオンにすると、アプリの同期中に同期アイコンが表示されます。

: アプリの同期をオフにしてもアプリが端末から削除されるわけではありません。他の端末でログインしてアプリに加えた変更が反映されないだけです。

最後に、通知がお子様に表示されないようにするには、端末の通知設定を調整します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。