YouTube の募金機能を最大限に活用する方法

自分の応援する組織を皆に知って欲しいときや、その組織のために募金を募るときは、YouTube の影響力が大いに役立ちます。

多くのクリエイターは、自分の関わるコミュニティに貢献し、変化を起こしたいと考えています。皆様の目標達成に役立つよう、YouTube の募金機能をフル活用する方法の例をいくつかご紹介します。

推奨事項の例:

  • YouTube ギビングを使用して募金を募る: 特定の地域において利用資格要件を満たすチャンネルは、動画とライブ配信に寄付ボタンを追加することで、寄付できる非営利団体のために募金を募れます。募金活動を設定する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。
  • YouTube ギビングの利用資格要件を満たしていない場合: 終了画面を使用して外部の募金活動にリンクできます終了画面は動画の最後の 5~20 秒に追加できます。複数の承認済みサードパーティの募金サイト(GoFundMe、JustGiving など)に終了画面からリンクできます。
  • 特定の動画からの収益を寄付する: 視聴者から人気を集めるようなオリジナル コンテンツを作成しましょう。収益を特定の非営利団体に寄付することを視聴者に伝えることはできますが、寄付額を増やすために広告のクリックと視聴を促すことは禁止されています。

禁止事項の例:

  • 動画内の広告を繰り返し視聴したりクリックしたりするなどのスパム操作を促してはいけません。なお、これは YouTube の虚偽のエンゲージメントに関するポリシーAdSense ポリシーへの違反に該当し、動画が削除される可能性があります。こうした行為が確認された場合は、視聴とクリックからの金額は支払われず、広告主に対する請求も行われません。
  • 十分な変更を加えずに他のクリエイターやアーティストの作品をアップロードしてはいけません。寄付を予定している動画に他者の作品を使用した場合、著作権保護に基づき申し立てが行われる可能性があります。
  • 組織や非営利団体への寄付について虚偽の主張を行ってはいけません。YouTubeは、クリエイターが寄付を約束した募金が非営利団体に支払われたことを確認する責任を負いません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。