@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

動画の視聴者が子ども向けに設定されているかどうかを確認する

クリエイターは、ご自身の所在地にかかわらず、児童オンライン プライバシー保護法(Children's Online Privacy Protection Act、COPPA)やその他の法令を遵守する必要があります。クリエイターには、子ども向けに制作された動画かどうかを申告することが義務付けられています。

クリエイターがこの義務を遵守できるようサポートするため、2019 年 11 月に新しい視聴者設定を YouTube Studio に導入しました。この設定を使用して、ご自身のコンテンツが子ども向けかどうかを指定できます。次の方法で視聴者を設定してください。

  • チャンネル レベルでは、将来のコンテンツと既存のコンテンツのすべてに対して子ども向けであるかどうかが設定されます。
  • 動画レベルでの設定を選択した場合、チャンネルの既存の動画と新しくアップロードする動画ごとに、視聴者設定で子ども向けであるかどうかを指定する必要があります。

動画の視聴者が子ども向けに設定されているかどうかを確認する

ご自身または YouTube によって動画が子ども向けとして設定されているかを確認するには、次の操作を行います。

  1. パソコンで YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. [フィルタ] をクリックします。
  4. 追加するフィルタを選択します。
    • [子ども向け(自分で設定)]: ご自身で子ども向けと設定したすべての動画です。
    • [子ども向けに設定(YouTube が設定)]: YouTube が子供向けと設定したすべての動画です。
    • [子ども向けでない]: 子ども向けとは設定していないすべての動画です。
    • [未選択]:「子ども向け」設定が行われていないすべての動画です。

ご自身で視聴者を子ども向けと設定している場合は [子ども向け(自分で設定)] と表示されます。YouTube によって動画が子ども向けであると判断された場合は、[子ども向けに設定(YouTube が設定)] と表示されます。

子ども向けに制作されたコンテンツとして設定した場合の影響については、こちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false