再生履歴の管理方法

YouTube の再生履歴を活用すると、最近再生した動画を探しやすくなり、おすすめ動画の機能も向上します。再生履歴の調整は、履歴を削除または一時停止して行います。個々のアイテムを削除することも、履歴を一括で削除することもできます。再生履歴の記録が一時停止されているときに再生した動画は履歴に表示されず、おすすめの精度向上のために使用されることもありません。再生履歴の一時停止を解除するには、履歴の記録を再開します。

注: YouTube アプリで再生履歴を表示するには、以下の手順で操作するか、history.google.com に移動します。

再生履歴を一時停止した後にオフラインになっていた(インターネット接続が切断された)場合、オンラインに戻った際に履歴が正しく表示されているか確認することをおすすめします。通常と同様、履歴に表示される動画はいずれも削除することができます。

ログインしているときに再生履歴に変更を加えると、同じアカウントでログインしたすべての端末で反映されます。ログアウトしているときに加えた変更は、その特定のブラウザまたはアプリの再生履歴に適用されます。

注: YouTube で以前に検索した内容を表示したり削除したりするには、[検索履歴] を確認します。

再生履歴の表示または削除(ログイン中)

ログインしている状態のときに視聴した動画を探すには、再生履歴を表示します。再生履歴には、モバイル端末の YouTube アプリや youtube.com でログインしているときに視聴した動画が表示されます。また、Google Chrome にログインした状態で YouTube 以外のウェブサイト上の YouTube プレーヤーで視聴した動画も表示されます。再生履歴の変更は、同じアカウントでログインしたすべての端末で反映されます。

モバイルアプリ

再生履歴を表示するには、[アカウント]  タブに移動し、[履歴] をタップします。

  • 動画を削除する: [履歴] ページの動画の詳細の横にある [メニュー] をタップし、[[再生履歴] から削除] を選択します。

再生履歴をクリアまたは一時停止するには、[メニュー] に移動して [設定] をタップし、[プライバシー] が表示されるまで下にスクロールします。

  • 再生履歴をクリアする: [再生履歴をクリア] をタップします。
  • 再生履歴の記録を一時停止する: [再生履歴を一時停止] を切り替えます。
モバイルサイト

再生履歴を表示するには、[アカウント]  タブに移動し、[履歴] をタップします。

  • 動画を削除する: 動画の詳細情報の横にある [メニュー]  をタップし、[[再生履歴] から削除] を選択します。

再生履歴をクリアまたは一時停止するには、[メニュー] に移動し、[設定] > [再生履歴] をタップします。

  • 再生履歴をクリアする: [すべて消去] をタップします。
  • 再生履歴の記録を一時停止する: [一時停止] をタップします。
パソコン

再生履歴を表示するには、[ガイド] の [履歴] または YouTube のページの下にある砂時計  を選択します。

  • 動画を削除する: 動画の詳細の横にある削除 Delete を選択して、動画を再生履歴から削除します。
  • 再生履歴をクリアする: [すべての再生履歴をクリア] を選択して、すべての履歴を削除します。
  • 再生履歴の記録を一時停止する: [再生履歴を一時停止] を選択して、履歴の記録を一時停止します。再生履歴の記録が一時停止されているときに再生した動画は再生履歴に表示されず、おすすめされる動画にも影響しません。
テレビ、ゲーム機、メディア ストリーミング ボックス

再生履歴を表示するには、ガイドの [履歴] を選択します。

再生履歴をクリアするには、ガイドの [設定 に移動して [再生履歴をクリア] を選択します。

再生履歴のクリアまたは一時停止(ログアウト時)

ログアウトしている状態のときでも、端末で再生した動画に基づいて好みに合った動画がおすすめされるようになります。また、端末の再生履歴をクリアまたは一時停止することもできます。詳しくは上記の端末別の手順をご覧ください。

注: ログアウト時にパソコンで再生履歴を表示するには、YouTube のページの下にある砂時計のアイコンをお使いください。

 

検索履歴おすすめのコンテンツの削除、おすすめの精度を向上させる方法について詳しくは、YouTube の他の記事をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?