Creators in the YouTube Partner Program can start sharing ads revenue from Shorts in February 2023. Shorts views are already counting towards new program eligibility requirements for creators not in YPP. Learn more!

チャンネルの停止に対する再審査請求

YouTube パートナー プログラム(YPP)への参加が停止された場合、再審査請求を行うことができます。再審査請求を行うには、動画による再審査請求を作成して送信するか、YouTube Studio からクリエイター サポートに連絡してください。

再審査請求を送信してから 14 日以内に結果をご連絡いたします。再審査請求が認められた場合、YouTube は 30 日以内に YouTube パートナー プログラムへの参加を再び承認するか、収益化を有効に戻します。再審査請求が承認されなかった場合でも、停止日から 30 日が経過すると YouTube パートナー プログラムに再度お申し込みいただけます。

再審査請求の審査では、現在の状態のチャンネルが評価されますので、再審査請求を送信する前に動画を削除しないでください。

重要: 再審査請求は、停止日から 21 日以内に行う必要があります。この期限は、YouTube Studio 内のチャンネルの収益化の概要にある [再審査請求を開始] ボタンの横にも表示されます。

動画による再審査請求を行う

動画による再審査請求を利用できる場合は、動画を作成する際に次のガイドラインに従ってください。

形式の要件

  • 動画のみ(説明に再審査請求に関する情報を含めないこと)
  • 5 分未満である
  • 限定公開
  • 再審査請求の対象であるチャンネルにアップロードされている
  • 英語、ヒンディー語、ベンガル語のナレーションが付いている(別の言語のナレーションの場合は英語の字幕が付いている)

追加すべき要素

コンテンツの制作方法について把握でき、制作プロセスの舞台裏がわかるようにしてください。次のような動画にする必要があります。

  1. 動画の最初の 30 秒にチャンネルの URL を含めます。
  2. AdSense プログラム ポリシー(YouTube のチャンネル収益化ポリシーの一部)を確認してください。ポリシーの特定の部分について、チャンネルがガイドラインにどのように準拠しているかを示す例を提供してください。
  3. ガイドラインに準拠している個々の動画だけでなく、チャンネル全体を視野に入れます。
  4. コンテンツの制作方法の実例を示してください。可能であれば、動画による再審査請求の内容とチャンネルの内容の関連性を示してください。次のような方法があります。
    1. 自分自身が動画に出るか、またはナレーションを付ける
    2. コンテンツをどのように撮影したかを示す
    3. コンテンツをどのように編集したかを示す

動画による再審査請求を行う準備ができたら、次の手順で動画をアップロードして送信してください。

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 再審査請求の動画を限定公開としてアップロードし、URL をコピーします。
  3. [収益受け取り] に移動し、チャンネルの収益化の概要を表示します。
  4. 再審査請求プロセスの開始ボタンをクリックします。
  5. 限定公開動画の URL を入力して [送信] をクリックします。

クリエイター サポートを通じて再審査請求を行う

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. [収益受け取り] に移動し、チャンネルの収益化の概要を表示します。
  3. [YouTube 側に誤りがあると思われる場合は、再審査請求を行う] のオプションが表示されます。
  4. 手順を確認し、[再審査請求を開始] をクリックして、お問い合わせのプロセスを開始します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
59
false
false