@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

チャンネルまたは動画の視聴者層を設定する

ご自身の所在地にかかわらず、児童オンライン プライバシー保護法(Children's Online Privacy Protection Act、COPPA)やその他の法令を遵守することが法的に必要です。子ども向けコンテンツを制作した場合、クリエイターにはその動画が子ども向けであると申告することが義務付けられています。

YouTube クリエイターは、今後制作する動画はもちろん、既存の動画についても子ども向けかどうかを設定しなければなりません。子ども向けコンテンツを制作していないクリエイターも視聴者を設定する必要があります。この設定に基づいて、YouTube はコンテンツ上で適切な機能を確実に提供できます。

クリエイターがこの義務を遵守できるようサポートするため、YouTube Studio には子ども向けコンテンツの視聴者設定があります。次の方法で視聴者を設定してください。

  • チャンネル レベルでは、将来のコンテンツと既存のコンテンツのすべてに対して子ども向けであるかどうかが設定されます。
  • 動画レベルでの設定を選択した場合、チャンネルの既存の動画と今後アップロードする動画ごとに子ども向けであるかどうかを設定する必要があります。

:

  • 視聴者設定で「子ども向け」であると指定するには、YouTube Studio を使用する必要があります。従来のクリエイター ツールを使ってこの設定を行うことはできません。
  • 視聴者設定ツールは、近い将来、第三者のアプリケーションや YouTube API サービスでも利用可能になる予定です。現時点では、子ども向けコンテンツをアップロードする際は YouTube Studio をご利用ください。

重要: クリエイターに対して視聴者設定が義務付けられている理由

これは、米国連邦取引委員会(The US Federal Trade Commision、FTC)およびニューヨーク州司法長官(New York Attorny General)との和解の一条件として、クリエイターの皆さんに児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)やその他の関連法を遵守していただくために導入された措置です。ご自身の所在地にかかわらず、クリエイターは動画が子ども向けかどうかを申告する必要があります。視聴者設定を正しく行わなかった場合、FTC またはその他の規制当局に法令遵守義務違反とみなされ、ご自身の YouTube アカウントに対して措置が取られることがあります。FTC による COPPA の執行について詳しくは、こちらをご覧ください。

以下の点にご留意ください。
  • YouTube は、明らかに子ども向けである動画を特定するために機械学習も利用します。クリエイターの皆様による自主的な視聴者設定を信頼していますが、エラーや不正使用が検出された場合には設定を変更させていただくことがあります。
  • ただし、YouTube のシステムによるコンテンツの判断に頼らないでください。YouTube のシステムでも、FTC またはその他の機関が子ども向けだと見なすコンテンツを特定できない可能性があるためです。
  • コンテンツが子ども向けかどうかを判断する際にサポートが必要な場合は、ヘルプセンターの記事をご覧いただくか、法律の専門家にご相談ください。
  • 子ども向けとして設定した動画は、他の子ども向け動画と一緒におすすめされる可能性が高くなります。
  • クリエイターが視聴者を設定した動画に後日 YouTube によってエラーまたは不正使用が検出された場合、その動画は「子ども向けに設定」となることがあります。この場合、クリエイターは自分で元の設定に戻せない点にご留意ください。YouTube 側に誤りがあると思われる場合は、再審査を請求できます。

チャンネルの視聴者を設定する

チャンネル全体が子ども向けかどうかを指定すれば、ワークフローを簡略化できます。この設定は、既存の動画にも、今後制作する動画にも影響します。チャンネル設定を選択しない場合は、動画単位で子ども向けかどうかを指定する必要があります。各動画の設定はチャンネルの設定に優先します。
また、チャンネルを子ども向けに設定すると一部の機能が制限されます。ご自身の動画が子ども向けかどうかわからない場合は、ヘルプセンターの記事をご覧ください。
  1. studio.youtube.com にログインします(ウェブの Studio のみ)。
  2. 左側のメニューで [設定] をクリックします。
  3. [チャンネル] をクリックします。
  4. [詳細設定] タブをクリックします。
  5. [視聴者] で次のいずれかを選択します。
    1. [はい、このチャンネルを「子ども向け」として設定します。いつも子ども向けコンテンツをアップロードしています。]
    2. [いいえ、このチャンネルを「子ども向けではない」として設定します。子ども向けコンテンツをアップロードすることはありません。]
    3. [動画ごとに視聴者の設定を確認します。]
  6. [保存] をクリックします。
動画の視聴者を設定する
動画を個別に子ども向けとして指定できます。これは一部の動画だけが子ども向けの場合に役立ちます。ご自身のコンテンツが子ども向けかどうかわからない場合は、ヘルプセンターの記事をご覧ください。 

アップロード中に視聴者を設定する

  1. studio.youtube.com にアクセスします。注: 視聴者設定で子ども向けであることを指定するには、YouTube Studio を使用する必要があります。従来のクリエイター ツールを使ってこの設定を行うことはできません。
  2. 右上のアップロード アイコンをクリックします。
  3. [動画をアップロード(ベータ版)] をクリックします。表示されない場合は、[動画をアップロード] をクリックします。
  4. [基本情報] タブで [視聴者] までスクロールします。
  5. 次から選択します。
    • [はい、子ども向けです]
    • [いいえ、子ども向けではありません]
  6. [次へ] をクリックして、コンテンツのアップロードを続けます。

動画をアップロードすると、アップロード リストに [子ども向け(自分で設定)] というラベルが表示されます。

既存の動画の視聴者設定を更新する

YouTube によって動画が「子ども向け」に指定されている場合があります。これまでは、動画またはチャンネルが子ども向けかどうかを自分で指定できませんでしたが、今後はできるようになります。

  1. studio.youtube.com にログインします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. 編集する動画の横にあるチェックボックスをオンにします。: アップロード リストの上にある [動画] の横のチェックボックスをオンにすると、すべての動画を選択できます。
  4. [編集] 次に [視聴者] 次に [はい、子ども向けです] を選択します。
  5. [動画を更新] を選択します。
以下の点にご留意ください。
  • YouTube は、明らかに子ども向けである動画を特定するために機械学習も利用します。クリエイターの皆様による自主的な視聴者設定を信頼していますが、エラーや不正使用が検出された場合には設定を変更させていただくことがあります。
  • ただし、YouTube のシステムによるコンテンツの判断に頼らないでください。YouTube のシステムでも、FTC またはその他の機関が子ども向けだと見なすコンテンツを特定できない可能性があるためです。
  • コンテンツが子ども向けかどうかを判断する際にサポートが必要な場合は、ヘルプセンターの記事をご覧いただくか、法律の専門家にご相談ください。
  • 子ども向けとして設定した動画は、他の子ども向け動画と一緒におすすめされる可能性が高くなります。
  • ご自身で視聴者を設定された動画が、後日 YouTube によってエラーまたは不正使用が検出されて、「子ども向けに設定」に変更されることがあります。この場合、クリエイターは自分で元の設定に戻せない点にご留意ください。YouTube 側に誤りがあると思われる場合は、再審査を請求できます。

ライブ配信の視聴者を設定する

ライブ配信を作成する際に視聴者を設定する

ご自身のコンテンツが子ども向けかどうかわからない場合は、ヘルプセンターの記事をご覧ください。 

  1. studio.youtube.com にアクセスします。
  2. 右上のアップロード アイコンをクリックします。
  3. [ライブ配信を開始] をクリックします。注: クリックすると、ライブ管理画面に移動します。ライブ配信の視聴者は、従来のライブ配信ツールを使用して設定できないため、ライブ管理画面を使用する必要があります。
  4. 基本情報を入力してプライバシー設定を選択したら、[視聴者] までスクロールします。
  5. 次から選択します。
    • [はい、子ども向けです]
    • [いいえ、子ども向けではありません]
  6. [次へ] をクリックしてライブ配信の設定を続けます。

アーカイブされたライブ配信の視聴者設定を更新する

アーカイブされたライブ配信が YouTube によって「子ども向け」に指定されている場合があります。これまでは、アーカイブされたライブ配信が子ども向けかどうかを自分で指定できませんでしたが、今後はできるようになります。

  1. studio.youtube.com にログインします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. [ライブ配信] タブをクリックします。
  4. 編集する動画の横にあるチェックボックスをオンにします。: リストの上にある [ライブ配信] の横のチェックボックスをオンにすると、すべての動画を選択できます。
  5. 子ども向けコンテンツの場合は、[編集] 次に [視聴者] 次に [はい、子ども向けです] を選択します。子ども向けコンテンツでない場合は、[いいえ、子ども向けではありません] を選択します。
  6. [動画を更新] を選択します。
以下の点にご留意ください。
  • YouTube は、明らかに子ども向けである動画を特定するために機械学習も利用します。クリエイターの皆様による自主的な視聴者設定を信頼していますが、エラーや不正使用が検出された場合には設定を変更させていただくことがあります。
  • ただし、YouTube のシステムによるコンテンツの判断に頼らないでください。YouTube のシステムでも、FTC またはその他の機関が子ども向けだと見なすコンテンツを特定できない可能性があるためです。
  • コンテンツが子ども向けかどうかを判断する際にサポートが必要な場合は、ヘルプセンターの記事をご覧いただくか、法律の専門家にご相談ください。
  • 子ども向けとして設定した動画は、他の子ども向け動画と一緒におすすめされる可能性が高くなります。
  • ご自身で視聴者を設定された動画が、後日 YouTube によってエラーまたは不正使用が検出されて、「子ども向けに設定」に変更されることがあります。この場合、クリエイターは自分で元の設定に戻せない点にご留意ください。YouTube 側に誤りがあると思われる場合は、再審査を請求できます。

子ども向けに制作されたコンテンツとして設定した場合の影響

法令を遵守するため、子ども向けコンテンツではデータの収集と使用を制限しています。そのため、特定の機能(コメントや通知など)が制限されるか、または無効になります。

特に重要なのは、児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)やその他の適用される法律に従い、子ども向けコンテンツではパーソナライズド広告が掲載されなくなるということです。子ども向けコンテンツにパーソナライズド広告が表示されなくなるため、コンテンツを子ども向けとして設定した一部のクリエイターの収入が減少する可能性があります。これが一部のクリエイターにとって厳しい問題であることは認識していますが、COPPA やその他の適用される法律を遵守するための重要なステップであることをご理解ください。

影響を受ける機能の一覧については、下記をご覧ください。

動画やライブ配信を子ども向けとして設定した場合
1 月以降、視聴者設定で「子ども向け」であると指定すると、児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)やその他の適用される法律に従い、特定の機能が制限されます。制限が設けられると、該当する動画やライブ配信で次の機能が利用できなくなります(なお、これらの機能には、視聴者の設定にかかわらず、一部の国でのみ利用可能なものがあります)。
  • ホームで自動再生
  • カードまたは終了画面
  • 動画の透かし
  • チャンネル メンバーシップ
  • コメント
  • 寄付ボタン
  • YouTube Music での高評価と低評価
  • チャットまたは Live Chat Donations
  • グッズ紹介とチケット販売
  • 通知ベル
  • パーソナライズド広告
  • ミニプレーヤーでの再生
  • Super Chat または Super Stickers
  • 再生リストと [後で見る] に保存
チャンネルを子ども向けとして設定した場合
1 月以降、子ども向けと設定されたチャンネルでは、動画やライブ配信で上記の機能が利用できません。以下の機能も利用できません。
  • チャンネル メンバーシップ
  • 通知ベル
  • 投稿
  • ストーリー

よくある質問

子ども向けと設定されたコンテンツで通知やコメントなどの機能が無効になっているのはどうしてですか?
児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)および適用される法律を遵守するため、子ども向けとして設定されたコンテンツでのデータの収集に制限を設けています。これにより、この種類のコンテンツでは通知やコメントなどの一部の機能が制限されたり、無効になったりすることがあります。
動画の視聴者を誤って設定してしまった場合はどうなりますか?
これは、米国連邦取引委員会(FTC)およびニューヨーク州司法長官との和解の一条件として、クリエイターの皆さんに児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)やその他の関連法を遵守していただくために導入された措置です。ご自身の所在地にかかわらず、クリエイターは動画が子ども向けかどうかを申告する必要があります。視聴者設定を正しく行わなかった場合、FTC またはその他の規制当局に法令遵守義務違反とみなされ、ご自身の YouTube アカウントに対して措置が取られることがあります。FTC による COPPA の執行について詳しくは、こちらをご覧ください。
: YouTube では、明らかに子ども向けである動画を特定するために機械学習も利用します。クリエイターの皆様による自主的な視聴者設定を信頼していますが、エラーや不正使用が検出された場合には設定を変更させていただくことがあります。ただし、YouTube のシステムによるコンテンツの判断に頼らないでください。YouTube のシステムでは、FTC またはその他の機関が子ども向けだと見なすコンテンツを特定できない可能性があるためです。子ども向けに制作した動画の視聴者設定を正しく行わなかった場合、法的措置または YouTube 上でなんらかの措置が取られる可能性があります。コンテンツが子ども向けかどうかを判断する際にサポートが必要な場合は、ヘルプセンターの記事をご覧いただくか、法律の専門家にご相談ください。
動画の視聴者を正しく設定しているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?
視聴者設定が子ども向けとして正しく設定されているかについて、YouTube からは指針を提供できません。FTC から「子ども向け」の定義に関して指針がいくつか提供されています。現在 FTC は COPPA に対してさまざまな変更を検討中で、定義に関する詳しい指針が今後提供される可能性があります。
YouTube では、明らかに子ども向けコンテンツを見つけるために機械学習システムも利用しています。しかし、YouTube のシステムによるコンテンツの判断に頼らないでください。他の自動システムと同じように、YouTube のシステムも完全ではありません。エラーや不正使用が検出された場合には、クリエイターによる視聴者設定を YouTube が修正することがあります。ただし多くの場合、動画が子ども向けかどうかの判断に関しては、クリエイターの皆さまの視聴者設定を信頼しています。
視聴者設定を子ども向けとして指定していない場合でも、FTC や他の規制当局が子ども向けとして設定する必要があると判断した際には、法的措置が取られることがあります。コンテンツを子ども向けとして設定すべきかどうか判断がつかない場合は、ヘルプセンターの記事をご覧いただくか、法律の専門家にご相談ください。
YouTube から動画が子ども向けだと指摘されましたが、それに同意できない場合はどうすればよいですか?
クリエイターが動画の視聴者をまだ設定していない場合: YouTube が先に視聴者を設定することがあります。これは、COPPA やその他の適用法を遵守していただくための措置です。YouTube によるコンテンツの視聴者設定に同意できない場合、ほとんどの動画において設定を変更できます。方法は次のとおりです。
  1. パソコンで studio.youtube.com にアクセスします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. 編集する動画に移動し、[制限] の下の [子ども向け] を選択します。注: 複数の制限が適用されている場合、カーソルを合わせて [子ども向け] を表示する必要があります。
  4. [動画の設定を確認する] をクリックします。
  5. [視聴者] の下の [いいえ、子ども向けではありません] を選択します。

クリエイターが動画の視聴者をすでに設定している場合: YouTube によってエラーまたは不正行為が検出されると、対象の動画は「子ども向けに設定」となります。この場合、クリエイターは元の視聴者設定に戻せません。 

ただし、YouTube の判断に誤りがある可能性もあります。YouTube 側に誤りがあると思われる場合は、その判断に対して再審査を請求できます。 

再審査を請求するには:

  1. パソコンで studio.youtube.com にアクセスします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. 再審査を請求する動画に移動します。
  4. [子ども向けに設定] にカーソルを合わせて [再審査請求] をクリックします。
  5. 再審査請求の理由を入力して [送信] をクリックします。

再審査を請求した後のプロセス

再審査請求の結果をお知らせするメールが YouTube から届きます。次のいずれかの処理が行われます。

  • 再審査請求が承認された場合、子ども向けの視聴者設定が取り消されます。
  • 再審査請求が承認されなかった場合、コンテンツの視聴者設定は子ども向けのままとなります。今後のため、チャンネルや個々の動画の視聴者設定をご確認ください。自分の視聴者について設定を正しく行っていない場合、COPPA やその他の法律に基づいて法的措置が取られるか、YouTube プラットフォームでなんらかの措置が取られる可能性があります。

再審査を請求できるのは、1 つの動画で 1 回だけです。

Important Update for All Creators: Complying with COPPA

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false