動画の音声トラックを入れ替える

オーディオ入れ替えツールを使用すると、使用が許可された楽曲をライブラリから選んで動画に追加できます。これらの楽曲は無料のオーディオ ライブラリで提供されているもので、YouTube で収益化する動画に使用することもできます。Content ID による申し立てが行なわれている、著作権で保護された音声が動画に含まれている場合は、オーディオ入れ替えツールを使用して選択した部分の音声をオーディオ ライブラリのトラックに置き換えることができます。置き換えられていない部分の音声はそのまま残ります。音声を入れ替えた後に動画をトリミングすると、動画がミュートされる場合があります。

オーディオ入れ替えツールを使用して申し立てを受けた音声を置き換えても、個別に検出された Content ID の申し立ては自動では取り下げられません。申し立てが行われている音声がすでに動画に含まれていないと思われる場合は、異議申し立てを行うことができます。詳しくは、Content ID に関する申し立てに異議を申し立てる方法をご覧ください。

この機能は 6 時間未満の動画でのみ使用できます。

: 視聴回数が 10 万回を超えている場合、動画に変更を加えて保存することはできません。なお、この制限は、YouTube パートナー プログラムに参加しているユーザーには適用されません。

動画に音声トラックを追加する

この機能は、YouTube Studio のベータ版ではまだご利用いただけません。YouTube Studio ベータ版(studio.youtube.com)を使用している場合は、左側のメニューにある [従来のクリエイター ツール] を選択してから以下の手順に従ってください。
  1. [動画の管理] ページに移動し、編集する動画の [編集] の横にある矢印ボタンをクリックします。
  2. プルダウン メニューで [音声] ボタンをクリックします。
  3. 動画プレーヤーの下の [音声を追加または入れ替え] タブをクリックします。
  4. [動画に追加] をクリックしてトラックを選択すると、そのトラックを追加した動画のプレビューが始まります。
    • 音声トラックの名前の横にある再生アイコンをクリックすると、トラックを視聴できます。
  5. トラックを検索するには検索ボックスを使用するか [人気のトラック] タブでジャンル別に閲覧します。
  6. 気に入ったトラックが見つかったら [保存] ボタンをクリックします。これで新しい音声が動画に追加されます。トラックを挿入する位置は、動画の下の音声トラックバーで調整できます。
    • 現時点では、動画に追加できる音声トラックは 1 つだけです。

音声の位置と長さをカスタマイズする

音声トラックを選択して [動画に追加] をクリックすると、プレーヤーの下のハイライト表示されたバーに、選択した音声トラックが表示されます。トラックの調整を行うには、バーをクリックします。

バーの先頭か末尾をクリックして左か右にドラッグすることでトラックの長さを調整したり、ドラッグして位置をカスタマイズしたりできます。トラックの長さを調整したら、動画内の好きな位置にトラックをドラッグします。

この機能を使用すると、動画の中で音声トラックを再生するタイミングを設定できます。また、音声の音量を調整することで、音声トラックだけを再生したり、オリジナル音声を優先したり、両方をミックスしたりできます。

トラックの調整が決まったら [変更を保存] をクリックします。

動画制作スキルの強化に関するワンポイントをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。