手動による申し立てとは

手動による申し立てを受け取った場合、著作権で保護されたコンテンツが許可なく使用されていると著作権者が判断し、手動申し立てツールを使用して動画に対する申し立てが行われたことを意味します。手動による申し立ては、Content ID の自動申し立てとは異なります。Content ID の自動申し立ては、YouTube にアップロードされた動画がコンテンツ所有者の提出したファイルのデータベースと照らし合わせてスキャンされ、システムにより音声または映像の参照ファイルと動画の一致が確認された場合に生成されます。

手動申し立てツールとは、Content ID の一致検出システムによってアップロード動画のコンテンツへの申し立てが行われなかった場合に、Content ID の一致検出システムに関する高度なノウハウを持つ著作権者が手動で申し立てを行える機能です。その他の目的で、著作権者が手動による申し立てを使用することはできません。ご自身が所有していないコンテンツに対して不適切な申し立てを行うと、法的責任を問われる、あるいはパートナーシップを解除されるなどのペナルティが科される場合があります。

クリエイターに対し、動画コンテンツの申立人、該当コンテンツが表示される箇所、申し立ての解決方法について常に詳しく通知することが大切です。そのため、新しい手動による申し立てでは、申し立てを行う動画内の著作権で保護されたコンテンツが表示される箇所を正確に示すため、著作権者はタイムスタンプを提供する必要があります。また、YouTube では申し立ての自動取り下げを簡単にするため、動画編集ツールをアップデートしました。

手動による申し立てを受け取った場合、どこで確認できますか?

動画に対する申し立ての詳細を確認するには、YouTube Studio の [動画の著作権情報] ページにアクセスしてください。申し立てを受け取った際は YouTube からメールで通知も行います。

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューで [動画] を選択します。
  3. [収益化] 列が表示されている場合は、この列の下に表示されている各動画の横にある [著作権侵害の申し立て] をクリックします。この列が表示されていない場合は、[公開設定] 列でこのオプションを確認できます。
  4. [著作権侵害申し立ての詳細を表示] をクリックし、[動画の著作権情報] ページで動画の中のどの要素に対して誰が申し立てをしているのかを確認します。
  5. 手動による申し立ての場合、下矢印をクリックして申し立ての詳細の行を展開すると、動画プレーヤーの下に [著作権者によって手動で申し立てが行われた動画] と表示されます。
  6. 手動で申し立てが行われた箇所を、動画プレーヤーを使って特定し、再生します。
    • 近日公開予定: 著作権者のポリシーの下に、申立人によって指定されたタイムスタンプが表示されるようになる予定です。

従来のクリエイター ツールの手順

  1. YouTube にログインします。
  2. 右上のプロフィール写真をクリックします。
  3. [クリエイター ツール] 次に [動画の管理] 次に [著作権情報] をクリックします。
  4. 動画の横にある著作権記号 をクリックすると、動画の中のどの要素に対して誰が申し立てをしているのか、情報を確認できるページに移動します。
  5. 手動による申し立ての場合、申し立ての詳細にある申し立てタイプに [手動による検出] と表示されます。
  6. 表示されているタイムスタンプは、申立人によって指定されたものです。
: 不適切なタイムスタンプの提供を繰り返す申立人は、手動による申し立てが利用できなくなるか、場合によってはパートナーシップが解除される可能性があります。申し立てを受けた動画のタイムスタンプが不適切だと思われる場合は、申し立てに関する詳細をサポートまでご連絡ください。

手動による申し立てを受けた場合はどうすればよいですか?

手動による申し立てを受けた場合、状況に応じていくつかの対応を取ることができます。

  • 何もしない: 申し立てに同意する場合、何もする必要はありません。後になって考えが変わった場合は、いつでも申し立てを不服とすることができます。
  • 収益を分配する: 動画に楽曲を含めていたユーザーが YouTube パートナー プログラムのメンバーである場合、音楽配信会社と収益を分配できます。詳細
  • 異議申し立てを行う: 動画に対する申し立てが誤っていると思われる場合は、異議申し立てを行うことができます。詳しくは、Content ID の申し立てに異議申し立てを行う方法Content ID に関する異議申し立て中の収益化をご覧ください。

手動による申し立てが行われたコンテンツを削除したり、新しい動画をアップロードしたりせずに、以下の変更を行うこともできます。そうすることで、関連する申し立ては自動的に取り下げられます。

  • 曲の再生中の音声をすべてミュートする: 動画に含まれる楽曲に対して申し立てを受けた場合は、タイムスタンプの範囲全体をミュートします。詳細
  • 曲のみをミュートする: タイムスタンプの提供が必須になる前に作成された手動による申し立てで、YouTube に有効な一致情報がある場合、申し立てを受けた曲のみをミュートすることで、他の音声はそのまま残せます。詳細
  • 曲を置き換える: 音声全体をミュートしたくない場合は、動画内の音声トラックを YouTube オーディオ ライブラリの自由に利用できる楽曲と入れ替えることができます。詳細
  • コンテンツをカットする: YouTube エディタを使用すれば、タイムスタンプの範囲をカットできます。詳細
    • 近日公開予定: [動画の著作権情報] ページで、ワンクリックでカットできるようになる予定です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。