サードパーティの機能を統合して Super Chat とチャンネル メンバーシップに活用する

サードパーティのインタラクティブ ツールやサービスを利用して、ファンやメンバーと交流できます。このようなサードパーティの統合ツールを使うと、チャンネル メンバーに特別な体験を提供したり、Super Chat を購入してくれた視聴者向けに楽しい交流企画を実施したりできます。

以下のサードパーティ ツールやサービスは、Super Chatチャンネル メンバーシップの API サービスに対応しています。サードパーティのツールやサービスには独自の利用規約が適用されますので、その内容を自身でよくご確認のうえご利用ください。

Discord

無料の音声チャット アプリケーションである Discord は、チャンネル メンバーシップに対応しています。メンバーだけに限定して、非公開のボイスサーバーやテキスト サーバーに招待できます。統合の設定方法と管理方法については、Discord サイトの記事をご覧ください。

メンバーシップ用に Discord を設定する

概要

Discord をメンバーシップと連携させるには、以下が必要です。

Discord アカウントと YouTube アカウントを接続する

  1. Discord にログインします。
  2. [ユーザー設定] 次に [接続] 次に [YouTube] の順に選択します。
  3. [サーバー設定] 次に [YouTube] の順にクリックして Discord サーバーを設定します。
  4. すべてのアクティブ メンバーが自動で追加されます。

Streamlabs

Streamlabs は配信者向けに無料の配信ツールを提供しており、Super Chat とチャンネル メンバーシップに対応しています。詳しくは、Streamlabs チームの YouTube 動画をご覧ください。また、こちらの Streamlabs ブログでも統合方法についてご確認いただけます。

Super Chat とメンバーシップ用に Streamlabs を設定する

概要

Streamlabs をメンバーシップや Super Chat と連携させるには、以下が必要です。

  • 資格要件を満たし、チャンネル メンバーシップを有効にする
  • 資格要件を満たし、Super Chat を有効にする

YouTube で Streamlabs を使用する

  • YouTube アカウントを使用して、Streamlabs にログインします。
  • 画面の指示に沿って、YouTube アカウントを Streamlabs にリンクします。
  • その後、Streamlabs でウィジェットやアラートなどを設定できます。

IFTTT

IFTTT を利用すると、アプレットの使用や作成が可能になり、実際のアクションを自動でトリガーできるようになります。このツールは Super Chat とチャンネル メンバーシップに対応しています。YouTube 収益化機能との連携については、IFTTT の詳細をご覧ください。

Sponsorships API サービスで利用可能なデータ

YouTube の Sponsorships API を使用すると、メンバーに関する次のデータにアクセスできます。特典の提供にサードパーティ企業を利用する場合、特典をメンバーに送るために、メンバーに関するこれらのデータをサードパーティ企業と共有することもできます。

  • メンバーのチャンネル URL
  • メンバーのチャンネル名
  • メンバーのプロフィール写真へのリンク
  • チャンネルのメンバーになった日
注: Sponsorships API サービスでは、メンバーのレベルに関する情報は現在提供していません。

サードパーティのサイトまたはアプリのアクセス権を削除する

サードパーティのサイトまたはアプリに Google アカウントへのアクセス権を付与したものの、そのサイトまたはアプリを信頼できなくなった場合、そのアクセス権を削除できます。アクセス権を削除すると、サイトやアプリは Google アカウントの情報にアクセスすることができなくなります。ただし、サイトやアプリがすでに所有しているデータについては、そのサイトやアプリに対して削除するようリクエストすることが必要になる場合があります。

  1. Google アカウントに移動します。
  2. 左側のナビゲーション パネルで [セキュリティ] を選択します。
  3. [アカウントにアクセスできるサードパーティ アプリ] パネルで [サードパーティによるアクセスを管理] を選択します。
  4. 削除するサイトやアプリを選択します。
  5. [アクセス権の削除] を選択します。

サードパーティのサイトまたはアプリを報告する

サードパーティのサイトやアプリが自分のデータを悪用している(スパムの作成、なりすまし、悪質な方法でのデータの使用など)と考えられる場合は、次の手順に沿ってご報告ください。

  1. Google アカウントの [アカウントにアクセスできるアプリ] に移動します。ログインが必要となる場合があります。
  2. 報告するアプリ 次に [このアプリを報告] を選択します。

サードパーティのサイトやアプリによるアカウントへのアクセス権について詳しくは、こちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。