視聴者維持率を測る

視聴者維持率は、動画がどれぐらい視聴されているかを測る目安になります。YouTube アナリティクスの [エンゲージメント] タブで、視聴者が動画をどれぐらい見続けたのかを確認できます。また、視聴者がいつ視聴を停止したかもわかります。

視聴者がいつ視聴を停止したかを知ることにより、その理由を考察することができます。

動画の視聴者維持率を確認する

視聴者維持率レポートは、YouTube アナリティクスの動画単位でのみ利用できます。特定の動画を選択して、レポートを表示させます。

  1. YouTube Studio ベータ版にログインします。
  2. 左側のメニューから [動画] を選択し、特定の動画を指定します。
  3. 左側のメニューで [アナリティクス] を選択します。
  4. [エンゲージメント] タブを選択して、視聴者維持率レポートを確認します。

視聴者維持率について理解する

視聴者がいつ視聴を停止したかを知ることにより、その理由を考察できます。視聴者維持率グラフの形状により、動画の中で視聴者が最も興味のある(または最も興味のない)箇所を知ることができます。

平坦なグラフは、視聴者が最初から最後まで動画を再生していることを表します。
緩やかな下降は、時間の経過とともに視聴者が関心を失っていることを表します。
グラフの山は、視聴者が動画のその部分を繰り返し再生していること、または共有していることを表します。
グラフの谷は、視聴者がその部分を飛ばしていることを表します。
グラフが急降下しているのは、視聴者がその部分で動画の視聴を止めていることを表します。

視聴者維持率を種類別に表示する

グラフ上部のオプションを使用して [視聴者維持率] と [相対的な視聴者維持率] を切り替えられます。

視聴者維持率

視聴者維持率の曲線は、動画の各時点での視聴回数を、動画の全視聴回数で割った割合を表します。

注: どの動画でも最初の 15 秒間に注意する必要があります。再生をやめる視聴者が最も多いのがこのタイミングです。

相対的な視聴者維持率

同じような YouTube 動画の視聴者維持率と比較することができます。動画で視聴者の注目をどれだけ維持できたかを、長さが同程度の他の YouTube 動画と比べた値が表示されます。

グラフ値が高いほど、自分の動画が他の動画の同じ期間に比べてより多くの視聴者の注目を維持できたことを表します。

: 特定の地域のデータを表示するよう選択した場合でも、相対的な視聴者維持率は世界規模のデータに基づいて表示されます。

トラフィックの種類別に表示する

動画が広告としても機能している場合、視聴者維持率の内訳が自然検索トラフィック、スキップ可能な動画広告からのトラフィック、ディスプレイ広告からのトラフィックごとに表示されます。

自然検索トラフィック

ユーザー操作の直接的な結果としての視聴回数です。たとえば視聴者が動画を検索したり、関連動画をクリックしたり、チャンネルをブラウジングしたりした場合、そのトラフィックはオーガニックだと見なされます。

有料のトラフィック

有料の広告プレースメントから発生する視聴回数には次が含まれます。

  • スキップ可能な動画広告: 動画の前に自動再生される広告の視聴回数。視聴者は 5 秒後に広告をスキップできます。
  • ディスプレイ広告: 検索結果や他の動画再生ページに表示されるディスプレイ広告をユーザーがクリックすることで発生する視聴回数。

詳しくは、動画向け Google 広告の動画広告フォーマットについての記事をご覧ください。

レポートに動画が表示されない場合

動画の埋め込みがオンになっていることを確認します。これは、動画の詳細ページの [詳細設定] タブで更新できます。[埋め込みを許可] の横のチェックボックスをオンにします。

重要な指標

平均視聴時間 選択した動画と期間における 1 回の視聴あたりの推定平均再生時間(分)。
総再生時間(分) 視聴者が動画を視聴した時間の長さ。視聴者が途中でクリックして再生を中止することなく、実際に興味を持って視聴しているのはどのコンテンツなのかを把握できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。