ライブ配信で DVR を有効にする

 

従来のライブ配信ツールはまもなくサポート終了となります。従来のデスクトップ配信ツールに新機能や改善された機能が加わった新しいライブ管理画面をお試しください。詳細

YouTube の DVR 機能を有効にすると、ライブ配信中に視聴者が一時停止、巻き戻し、視聴再開の操作ができるようになります。視聴者が視聴を再開すると、一時停止した場所からライブ配信が再開します。DVR を有効にする手順は次のとおりです。

  1. YouTube Studio にアクセスします。
  2. [作成] 次に [ライブ配信を開始] をクリックします。
  3. [エンコーダ配信] タブでライブ配信を今すぐ開始するか、[管理] タブでライブ配信のスケジュールを設定します。
  4. ライブ配信ダッシュボードで [DVR を有効にする] をクリックします。
  • 今すぐ配信: [ストリーム オプション] をクリックして [DVR を有効にする] チェックボックスをオンにします。
  • ライブイベント: [詳細設定] をクリックして [DVR を有効にする] チェックボックスをオンにします。

制限事項

長時間にわたるライブ配信の場合は、巻き戻せる時間に制限があります。ほとんどのデバイスで、最大 12 時間巻き戻すことができます。Apple TV、Apple AirPlay で視聴している場合や旧バージョンのアプリを使用している場合の制限は次のとおりです。

  • 低遅延および超低遅延によるライブ配信の場合は 2 時間
  • 通常の遅延によるライブ配信の場合は 4 時間

この制限は、視聴者が一時停止や再開を使用する際にも適用されます。ライブ配信開始より前の時点まで巻き戻すことはできません。

DVR を無効にする

DVR を無効にすると視聴者は配信中に巻き戻せなくなりますが、公開されたライブ配信のアーカイブを見ることはできます。ウェブカメラやモバイルでの配信の場合、DVR を無効にすることはできません。

ライブ配信開始後でも、途中で DVR を有効または無効にできます。ただし、変更を行った後に配信を視聴し始めた視聴者のみに反映されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。