違反警告に関するよくある質問

違反警告を受けた場合はどうなりますか?

著作権侵害の警告やコミュニティ ガイドラインの違反警告を受けた場合、メール、モバイルやデスクトップの通知、YouTube チャンネルでお知らせします。通知には違反警告を受けた理由と対処方法が記載されています。

なぜ 2 種類の警告制度があるのですか?

YouTube で 2 種類の警告制度があるのは、コミュニティ ガイドラインの違反と著作権侵害を別々の問題として取り扱っているためです。

著作権侵害とコミュニティ ガイドラインの違反は異なる理由で発生します。コミュニティ ガイドラインとは、YouTube コミュニティを健全に保つためにクリエイターと視聴者に守っていただきたい規則です。著作権の規則は、コンテンツが動画やライブ配信、ストーリーで使用される際に、確実にクリエイターの権利を保護し、全ユーザーに法律を遵守していただくために設定しています。

著作権の制限に詳しくても、ヌードや性的なコンテンツに関するポリシーについては把握していないユーザーもいるかもしれません。また、サムネイルに関するポリシーを知っていても、自分の動画内で他人の楽曲を使用することが著作権侵害につながることについて十分に認識していないかもしれません。この機会に YouTube のすべてのポリシーについてご確認ください。

著作権侵害と見なされる行為やコンテンツについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

コミュニティ ガイドラインについて詳しくは、こちらの動画を見るか、ヘルプセンターの個別ポリシーをご確認ください。

違反警告の種類によってその後の対応が異なるのはなぜですか?

著作権侵害の警告とコミュニティ ガイドラインの違反警告に対するペナルティは、ユーザーが自身の経験から学んで、YouTube を再びお楽しみいただくための内容になっています。コミュニティ ガイドラインの違反警告を受けた場合は、該当するポリシーページを確認することで、違反警告を受けた理由をすぐにご理解いただけます。

著作権侵害では、コピーライト スクールを受講いただくことで、ユーザーは内容を理解し、ご自身の失敗から学ぶことができます。

事前警告を受けないことがあるのはなぜですか?

事前警告を受けるかどうかは、それがコミュニティ ガイドライン違反なのか、著作権侵害なのか、または初めての違反なのかによって決まります。

誰にも間違えてしまうことはあります。そのため、コンテンツがコミュニティ ガイドラインに初めて違反したユーザーには、事前警告をお送りしています。今後の再発防止のために、YouTube のポリシーを改めてご確認ください。

しかし、たとえ初めてであっても、著作権侵害による削除リクエストを受けた場合にはアップロードした動画が削除され、著作権侵害の警告が発行されます。こうした措置を取るのは法律に準拠するためです。依頼によって動画が削除されるのは、著作権者から正式な法的リクエストが提出された場合に限られます。

: Content ID の申し立てによって違反警告を受けることはありません。

発行された違反警告の種類を確認するにはどうすればよいですか?

違反警告についてお知らせする際に、受けた違反警告の種類についてご説明します。コミュニティ ガイドラインの違反警告の場合は、コンテンツでどのポリシーへの違反があったかについてもご説明します。

その他の確認方法:

  • コミュニティ ガイドラインの違反警告は、[チャンネル設定] に表示されます。
  • 著作権侵害の警告は、アカウントの [動画] セクションまたは [動画の管理] セクション(従来のクリエイター ツールを使用している場合)のいずれかに表示されます。詳しくはこちらをご覧ください。

違反警告を受けた場合はどうすればよいですか?

YouTube では、ユーザーが意図的にではなく、誤ってポリシー違反や著作権の侵害をしてしまうケースを想定しています。違反警告を受けて心配されるかもしれませんが、チャンネルへのペナルティを長引かせないようにするための対処方法があります。

コミュニティ ガイドラインの違反警告を受けた場合は、次の方法をおすすめします。

  1. コミュニティ ガイドラインをご覧いただき、ご自身のコンテンツがポリシーに準拠していることを確認します。
  2. ポリシーを確認した後、YouTube の判断に誤りがあると思われる場合はお知らせください。決定に対する再審査請求は、こちらで行えます。

著作権侵害の警告を受けた場合は、次のような対処方法があります。

  • 期限切れになるまで待つ: コピーライト スクールの受講を完了すれば、著作権侵害の警告は 90 日で期限が切れます。
  • 撤回を依頼する: 動画の著作権侵害の申立人に、申し立てを撤回してもらうよう依頼できます。
  • 異議申し立て通知を提出する: 著作権侵害に関する判断の誤りのために動画が誤って削除された場合、またはフェアユースとして認められる可能性があると思われる場合は、異議申し立て通知を提出することもできます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。