@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

古い限定公開コンテンツ

2021 年 7 月 23 日より、今回の変更を無効にするよう選択した場合を除き、古い限定公開動画は非公開になりました。この措置は、2017 年 1 月 1 日より前にアップロードされた限定公開動画に対するセキュリティ アップグレードの一環として行われました。2017 年 1 月 1 日以降にアップロードされた限定公開コンテンツは、今回の変更の影響を受けていません。

 

限定公開動画と限定公開再生リストは、リンクを知っているユーザーのみが表示し、共有できます。限定公開動画は他のユーザーがあなたのチャンネル ページの [動画] タブを開いても表示されません。また、他のユーザーによって限定公開動画が公開再生リストに追加されない限り、YouTube の検索結果にも表示されません。ただし、非公開ではありません。

この変更を行った理由

YouTube は 2017 年に、新しい YouTube 限定公開リンクを生成するシステムへのアップデートをリリースしました。このアップデートにはセキュリティの改善も含まれており、リンクを共有されていないユーザーは限定公開動画を発見するのがいっそう難しくなりました。

注: 古い限定公開の再生リストの中にも、古いシステムで作成されているものがあります。また、この変更を管理する以下のオプションはすべて再生リストにも適用されます。

  • このコンテンツを非公開のままにする
  • 再生リストを再作成してセキュリティを強化する
  • コンテンツを公開する

動画への影響

2017 年 1 月 1 日より前にアップロードされた限定公開動画は、自動的に非公開となりました。動画を非公開にすることを希望する場合、特に操作を行う必要はありません。非公開の動画は、一般公開の検索結果にもチャンネル ホームページにある [動画] タブにも表示されません。

非公開動画と限定公開動画には次のような違いがあります。

  • 動画へのリンクを使って動画を再生したり共有したりできなくなります。
  • ウェブサイトやアプリに埋め込まれた動画は再生できなくなります。
  • 非公開動画は最大 50 件のメールアドレスに対して共有できます。
  • 動画を共有できる相手は、YouTube または Google アカウントを持っているユーザーに限られます。詳細については、非公開動画の共有をご覧ください。
  • 動画が非公開になると、限定公開の間に投稿されたコメントが表示されなくなりますが、削除されるわけではありません。動画へのコメントを許可するには、動画を公開動画として設定する必要があります。

対処方法

  • 何もせず、動画または再生リストを非公開のままにする: 非公開動画は、ご自身と指定した視聴者だけが視聴できます。ウェブサイトやアプリに埋め込まれた動画は再生できなくなりますのでご注意ください。
  • URL を変えずに動画を限定公開のままにする: 動画を以前の限定公開に戻すことができます。以前のリンクはこれまでどおり機能しますが、今回のセキュリティ アップデートは適用されず、そのメリットを受けることはできません。
  • 限定公開動画を公開動画にする: YouTube のすべてのユーザーがその動画を視聴できるようになります。
  • 限定公開動画として新たに再アップロードする: 限定公開の設定を維持したままで今回のセキュリティ アップデートの適用を受けるには、動画をダウンロードして新しいシステムの下で限定公開として再アップロードする必要があります。元のアップロードと関連付けられているデータ(視聴回数やコメントなど)は、新しくアップロードされた動画に移行されません。ウェブサイトやアプリに埋め込まれた動画については、URL または参照を更新して新しい動画にリンクする必要があります。

動画を公開に設定する

動画のプライバシー設定を変更して、公開に設定できます。

非公開動画を公開設定に切り替えた場合:

  • 以前に限定公開動画へのリンクを共有した視聴者は、引き続きその動画を視聴できます。加えて、YouTube のすべてのユーザーがその動画を視聴できるようになります。
  • チャンネルに投稿した公開動画は、一般公開の検索結果とおすすめに表示されます。
  • 視聴回数やコメントなど、動画に関連付けられているすべてのデータは保持されます。
  • 動画を初めて公開に設定した場合、チャンネル登録者に通知され、その動画が [登録チャンネル] フィードに表示されます([登録チャンネル] フィードは、チャンネル登録者がフォローしているチャンネルで最近アップロードされた動画が表示される場所です)。

新しい限定公開動画として動画を再度アップロードする

動画を限定公開として再度アップロードすると、今回のセキュリティ アップデートが適用され、そのメリットを受けることができます。

動画の再アップロードに関する注意点:

  • YouTube に新たにアップロードする動画には新しい URL が付与されます。
  • 動画は改めて共有する必要があります。
  • 元の動画と関連付けられているデータ(総再生時間、視聴回数、コメントなど)はレポートに含まれますが、新しくアップロードする動画は新規扱いとなります。
  • ウェブサイトやアプリに埋め込まれた動画については、URL や参照元を更新する必要があります。

動画のコピーがお手元にない場合は、クリエイター ツールからダウンロードできます。アップロードした動画に応じて、360p または 720p の MP4 ファイルとしてダウンロードが可能です。また、Google データ エクスポートでより高画質のファイルを入手できる場合もあります。Google データ エクスポートでは、個別の動画ではなく、これまでにアップロードしたすべての動画をダウンロードします。クリエイター ツールと Google データ エクスポートのいずれでも、著作権侵害の申し立てを受けている動画はダウンロードできません。詳しくはこちらをご覧ください。

URL を変えずに動画を限定公開のままにする

動画を限定公開に戻すことができます。以前のリンクはこれまでどおり機能しますが、今回のセキュリティ アップデートは適用されず、そのメリットを受けることはできません。限定公開の動画を公開コンテンツのように扱う場合にのみ、この方法をおすすめします。たとえば、動画が第三者のサイトに埋め込まれている場合や、ソーシャル メディアで共有されている場合が当てはまります。

  • 以前に限定公開動画のリンクを共有した視聴者は、引き続きその動画を視聴できます。
  • ウェブサイトやアプリに埋め込まれた動画は、今後も同じように再生されます。
  • 視聴回数やコメントなど、動画に関連付けられているすべてのデータは保持されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false