子どもが出演するコンテンツに関するおすすめの方法

クリエイターの皆様には、今後も楽しく制作活動を続けていただきたいと考えていますが、同時に YouTube のコミュニティ ガイドラインを遵守していただく必要があります。オンラインに投稿するコンテンツには常に注意が必要です。人物を撮影した動画を YouTube にアップロードする場合は、必ず事前に本人の許可を得てください。

未成年者が含まれるコンテンツの投稿者は、次のことを行う必要があります。

  • プライバシーを尊重する。未成年者を動画に出演させる前に、必ず未成年者の両親または法定後見人から同意を得てください。動画への出演は自発的なものである必要があります。
  • 動画のユーザー コメントを管理する。コメントのフィルタリングや確認ができるツールをご利用ください。コメントはいつでもスパムまたは不正行為として報告できます。
  • 動画のプライバシー埋め込み設定を管理する。動画を視聴できるユーザーや、外部サイトでの動画の共有方法を管理するための方法をいくつかご用意しています。

関連する法律を理解し、遵守してください。未成年者の労働に関するすべての法律、規則、規制を遵守しなければなりません。知っておくべきことをいくつか紹介します。

  • 許可: 現地の法律と規則を確認し、動画に未成年者が出演している場合、許可、登録、労働資格が必要かどうか確認します。未成年者の雇用に関する許可または承認が必要かどうかも確認します。
  • 賃金や収益の分配: 未成年者の労働に対する支払いについては、適用される法律に従う必要があります。場合によっては、未成年者に賃金を支払う必要があります。また、動画から得た収益を直接未成年者に分配しなければならない場合や、収益の一部を未成年者のために確保しておかなければならない場合もあります。
  • 学校と教育: 未成年者をコンテンツに出演させるにあたっては、子どもの就学や教育が阻害されることがないように、適用されるすべての法律に準拠する必要があります。
  • 労働環境、時間、休憩: 未成年者にとって安全な労働環境でなければなりません。未成年者のために休憩、教育、レクリエーションの時間を毎日確保する必要があります。未成年者を夜まで働かせてはなりません。1 日または 1 週間あたりの労働時間の上限についても、現地のすべての法律を遵守する必要があります。

詳しくは、YouTube で家族向けの動画を作成するためのクリエイター アカデミー ガイドをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。