YouTube Studio の収益化アイコンに関するガイド

YouTube.com の子ども向けコンテンツでのデータの収集方法と使用方法をいくつか変更しました。そのため、この記事の一部の手順が変更されている可能性があります。詳細

YouTube パートナー プログラムに参加していて、動画が広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠している場合、広告を有効にできます。ご不明な場合は、広告掲載に適したコンテンツの例をご参照ください。広告を有効にすると、各動画の横に収益化アイコンが表示されます。

このアイコンは、動画の収益化状態を示します。収益を受け取れるかどうかは、いくつかの条件(著作権侵害の申し立て、収益の分配、広告掲載に適しているかなど)によって決まります。このガイドでは、各アイコンの意味を説明します。

収益化する動画のアップロードとおすすめの方法について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

通常、アイコンが緑色であれば動画を公開できます。[審査中] アイコンが表示された場合は、しばらくお待ちください。黄色のアイコンが表示された場合は、公開設定、調整、再審査請求を行えます。

  審査中

このアイコンは、YouTube のシステムが動画の広告適合性を審査しているときに表示されます。

通常、システムによる処理は 20 分以内(長くとも 1 時間以内)に完了します。審査が完了すると、収益化のステータスが表示されます。この間、広告は表示されません。収益機会を最大化するため、動画を公開する 1 時間前に、一旦 [限定公開] または [非公開] として動画をアップロードすることをおすすめします。New Monetization Icon: Check Ad-Suitability Before Your Video Goes Public

オン

収益化が有効になりました。広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに動画が準拠しているため、ほとんどの広告の掲載に適しています。なお、動画に対する広告収益を一部しか受け取れない場合もあるのでご注意ください。場合によっては、著作権の異議申し立てにより、収益が一時的に保留になることがあります。

緑色のアイコンが示す意味は次のとおりです。

  • ステータスの説明に「オン」と表示されている場合: ユーザーはこの動画の収益をすべて受け取ります。
  • ステータスの説明に「著作権侵害の申し立て」と表示されている場合: 動画に対して著作権侵害の申し立てが行われているため、収益は一時的に保留になっている可能性があります。申し立てや異議申し立てが解決されると、収益は最終的に適切な所有者の元に移動します。詳しくは、Content ID に関する異議申し立て中の収益化をご覧ください。
  • ステータスの説明に「例外」と表示されている場合: この動画の対象視聴者は子ども向けとして設定されているため、パーソナライズされていない広告のみ有効にできます。

制限付き

動画の収益化は有効になりましたが、広告に適したコンテンツのガイドラインに完全には準拠していないため、ブランド側でコンテンツに広告が掲載されないように設定している可能性があります。つまり、すべての広告主に適したコンテンツに比べて、受け取れる収益が少なくなる可能性があります(表示される広告数が少ないため)。

黄色のアイコンが示す意味は次のとおりです。

  • ステータスの説明に「広告表示なし、または表示制限あり。審査をリクエストできます」と表示されている場合: YouTube の自動検出システムによって評価されたことを示しています。人間による審査をリクエストすれば、動画はコンテンツ評価の担当者によって改めて確認されることになります。適切だと判断された場合、動画の収益化ステータスが変更されます。
  • ステータスの説明に「広告表示なし、または表示制限あり。現在、動画は審査中です」と表示されている場合: ポリシーの担当者(機械ではなく人間)によって審査されていることを示しています。審査後、担当者によって収益化のステータスが維持または変更され、これが最終的な決定となります。
  • ステータスの説明に「広告表示なし、または表示制限あり。人間による審査によって確定されました」と表示されている場合: 動画はポリシー担当者によって確認され、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに完全には準拠していないと判断されたことを示しています。黄色のアイコンのステータスはロックされ、変更できなくなります。

オン

カバー曲の動画で収益化が有効になりましたが、音楽配信者から申し立てを受けています。音楽配信者は、カバー曲を作成する YouTube パートナー プログラムのクリエイターと収益を分配することに同意済みです。

黄色のアイコンが示す意味は次のとおりです。

  • ステータスの説明に「著作権侵害の申し立て。収益の分配」と表示されている場合: 動画の収益をすべてではなく、一部のみ受け取れることを示しています。収益の分配や対象となるカバー動画を収益化する方法については、こちらの記事をご覧ください。

対象外

収益化を有効にしましたが、動画に対する著作権侵害の申し立てを受けているため、収益化することはできません。

赤色のアイコンが示す意味は次のとおりです。

  • ステータスの説明に「著作権侵害の申し立て」と表示されている場合: Content ID システムを利用する第三者により、動画内のコンテンツに対して著作権侵害の申し立てが行われていることを示しています。場合によっては異議申し立てを行うことができます。
  • ステータスの説明に「著作権侵害の申し立て」と「アカウントの違反警告」が表示されている場合: クリエイターにより異議申し立てが行われましたが、著作権者は同意せず、動画の削除を求めています。そのような場合、クリエイターのアカウントに著作権侵害の警告が追加されます。

 オフ

この動画の収益化を無効にしました。

灰色のアイコンが示す意味は次のとおりです。

  • ステータスの説明に「著作権侵害の申し立て。収益分配の対象」と表示されている場合: 他のユーザーが動画内のコンテンツに対して著作権を所有していることを示しています。広告は掲載されますが、収益は著作権者の元に入ります。しかしながら、著作権者はユーザーに収益を分配することを許可しています。収益化のステータスを「オン」に変更すれば、動画に対する収益の一部を受け取ることができます。

アイコンが緑色から黄色に変化する理由

[動画の管理] で、動画の収益化アイコンが緑色の または (収益化対象)から黄色の または (広告表示なし、または制限あり)、もしくはその逆に変わる場合があります。これは、動画が広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠しているかどうかを判断するため、YouTube の自動広告システムがスキャンを何度も行うためです。

このシステムはより多くの動画情報を分析するように改良され続けているため、動画の公開後に分類が変更される場合があります。YouTube では、より迅速で安定した処理が行えるように日々取り組んでいます。

変化するアイコンへの対応策

動画公開前

動画を公開する前に収益化ステータスを確認したい場合は、限定公開の動画としてアップロードしてください。動画のアップロード後 24~48 時間以内に、動画の分類が変更される場合があります。通常は 48 時間後には安定しますが、その動画に対する視聴者の反応によって再度変更される場合もあります。

動画公開後

黄色のアイコンが間違いであると思われる場合は、人間による審査をリクエストできます。なお、以前に審査が行われ、最終的な判断を受けた動画については決定を覆すことができません。詳しくは、収益化の審査の仕組みやリクエストのタイミングに関する記事をご参照ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。