無効の可能性がある参照コンテンツの検証

この記事で説明する機能は、YouTube の Content ID による一致検出システムを使用しているパートナー様にのみご利用いただけます。

無効の可能性があると特定されたコンテンツが参照に含まれている場合、その参照はコンテンツ マネージャでの対応が必要な問題として報告されます。コンテンツ所有者は、自分がそのコンテンツの十分な独占的権利を所有していること、またはそれが他の参照とはっきり区別できることを確認し、再評価をリクエストするか、データ照合を行う際の照合対象から参照の該当部分を除外する必要があります。

無効の可能性がある参照を審査できる期間は 30 日間です。その期間内で審査を完了しない場合は、YouTube がその参照の報告された部分を除外します。

無効の可能性がある参照コンテンツを審査するには:

  1. 審査を必要とする無効な参照は YouTube Studio コンテンツ マネージャの [問題] セクションに表示され、[対応が必要] というステータスが表示されます。各行で [無効な参照] をクリックして報告されたセグメントを確認します。

  2. 動画プレーヤーの上部とプレーヤー内に参照の情報と無効の可能性がある部分の情報(報告された部分の割合を含む)が表示されます。参照を再生して報告された部分を確認します。

    • 無効の可能性があるセグメントに対する今後の申し立ては自動的に保留に設定され、無効な参照の問題が解決するまではアクティブな状態にできません。ブロックされた申し立ては動画プレーヤーの右側で確認できます。

  3. 報告された部分のコンテンツを自分が所有していること、およびそのコンテンツが他の参照とはっきり区別できることを確認するか、報告された部分を参照から除外します。

    • 報告されたコンテンツの独占的権利を所有しており、Content ID の参照についてのガイドラインに準拠している場合は、[再評価のリクエスト] をクリックします。

    • 報告された部分に著作権のない映像や録画、フェアユースの原則に基づいて使用された短いクリップ、番組間のコマーシャル、非独占的な音声ループなどの第三者の素材が使用されている場合は、[無効なセグメントを除外] をクリックします。

再評価後にセグメントが有効であると確認されると、そのセグメントに基づく保留中の申し立てを審査してアクティブな状態にできます。セグメントの除外を選択した場合、そのセグメントに基づく申し立ては取り下げられます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。