Content ID の問題を解決する

この記事で説明する機能は、YouTube の Content ID による一致検出システムを使用しているパートナー様にのみご利用いただけます。

コンテンツ マネージャの [問題] タブ内には、注意が必要であり、アセット、参照ファイル、申し立てに影響する可能性がある要対応事項が表示されます。[対応が必要] の項目を確認しないでいると、所有権や収益が失われる結果になることがあります。対応が必要とされる問題には次のようなものがあります。

参照ファイルの重複

他のコンテンツ所有者の参照ファイルと重複する参照ファイルのセグメントを確認し、重複するセグメントに対していずれの当事者が独占的使用権を持っているかを特定してください。これにより、Content ID による申し立てが正しい参照ファイルと関連付けられます。

無効な参照

無効な可能性のある参照ファイルを確認し、セグメントが Content ID の対象となるかどうかを確認します。そのセグメントに対処するまでは、この無効な可能性のある参照部分に対して今後行われる申し立ては保留されます。

所有権の競合

複数のコンテンツ所有者が 1 つの地域内で 100% のアセット所有権を提示している場合、アセット所有権の競合が発生します。ご自身の所有権を最新の状態に保つためにアセットの詳細を確認し、所有権を要求するか、もう一方の所有者に連絡して競合を解決してください。

可能性のある申し立て、異議のあった申し立て、再審査請求のあった申し立て

可能性のある申し立て(審査待ちである可能性のある申し立て、パートナー ポリシーにより審査に転送された申し立て)と、動画の申し立てを行っているユーザーから異議および再審査請求のあった申し立てを確認して対処します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。