削除日が指定された著作権侵害による削除依頼とは

著作権で保護されている作品を YouTube に無断で投稿したことが著作権者によって特定された場合、その著作権者が、動画の削除日を指定した削除依頼を発行する可能性があります。著作権者が猶予期間付きの削除依頼を発行した場合は、対象コンテンツが削除されるまで 7 日間の猶予が与えられます。

この 7 日間に、次のような対応を取ることができます。

  • 何もしない。7 日後に削除依頼が有効になるのを待ちます。7 日後に動画は削除され、お客様のアカウントには著作権侵害の警告が適用されます。1 つの動画に対して Content ID の申し立てや削除依頼が複数回行われた場合、著作権侵害の警告が発せられるのは一度に 1 回だけです。
  • 動画を削除する。7 日が経過する前に問題の動画を削除した場合、動画はサイトから削除されますが、著作権侵害の警告を受けることはありません。
  • 動画の削除を依頼しているコンテンツ所有者に連絡する詳しくは、著作権侵害の申し立ての撤回についての記事をご覧ください。
  • Content ID の申し立てに対する再審査請求の結果として猶予期間付きの削除依頼を受け取った場合、7 日以内に再審査請求を撤回できます。その場合、お客様の動画は削除されず、動画に対する申し立ては有効なままになります。詳しくは、Content ID の申し立てに異議申し立てを行う方法をご覧ください。

7 日後に動画が削除されると、そのチャンネルは著作権侵害の警告を受けます。その時点で警告を受けた動画を削除しても、警告は解除されません。違反警告は 90 日後に期限切れになりますが、警告の期限が切れた後も動画は復元されません。初めての警告の場合は、コピーライト スクールを受講する必要があります。

この時点で、著作権侵害に関する判断の誤りのために動画が誤って削除されたと思われる場合、またはフェアユースとして認められる可能性があると思われる場合は、異議申し立て通知を提出することもできます。詳しくは、著作権侵害の警告についての説明をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。