モバイル デバイスで YouTube をシークレット モードで閲覧する

YouTube アプリにログインすると、シークレット モードを有効にできます。シークレット モードでは、アカウントの検索履歴や再生履歴による影響を受けたり、履歴を残したりすることのないセッションで YouTube を閲覧できます。

Android のシークレット モード 😎| YouTube ヘルプ ワンポイント レッスン

シークレット モードでの閲覧方法

シークレット モードで閲覧するには、画面右上のプロフィール写真をタップして、[シークレット モードをオンにする] をタップします。この機能を利用できるのは、ログインしている場合のみです。シークレット モードはあたかもログアウトした状態であるかのように動作するので、ログインしている状態とシークレット モードの状態を選ぶことができます。

閲覧中は画面の下部に黒いバーが常に表示され、シークレット モードになっていることが通知されます。

シークレット モードで閲覧中の動作

シークレット モードがオンになっていると、YouTube アプリはユーザーが未ログイン状態であるかのように動作します。チャンネル登録や再生履歴などのアカウント アクティビティが YouTube の利用に影響を与えることはありません。

シークレット モードをオフにすると検索履歴と再生履歴は消去されます。ユーザーはシークレット モードをオンにする前に使用していたアカウントに戻ります。また、シークレット モード中のアクティビティがアカウントに反映されることはありません。

操作のない状態が 90 分以上続くとシークレット モードは終了します。その後、最後に使用したアカウントに戻ります。次回 YouTube を開くと、シークレット モードではないことを示すメッセージが表示されます。

シークレット モードでの操作はすべて非公開です。そのため、コメント投稿やチャンネル登録などの一般公開される操作を行うと、その操作を完了するためにログインが求められます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。