休憩のリマインダー

動画を視聴している際は、休憩を促すリマインダーを利用できます。リマインダーが表示されると、リマインダーを閉じるか、動画を再開するまで動画が一時停止されます。リマインダーの頻度をカスタマイズすることもできます。この機能はスマートフォンの YouTube アプリのバージョン 13.17 以降でご利用いただけます。 

デフォルトでは、休憩のリマインダーは「オフ」になっています。

休憩のリマインダーを切り替えてカスタマイズするには:

  1. アカウント アイコン をタップします。
  2. [設定] をタップします。
  3. [全般] をタップします。
  4. [一定時間ごとに休憩をリマインドする] をタップします。
  5. リマインダーの頻度を選択します。

リマインダーが表示されたら、[閉じる] をタップするとリマインダーをオフにして動画を再開できます。または、[設定] をタップして [設定] ページに直接移動し、そこでリマインダーをオフにしたり、リマインダーの頻度を編集したりすることができます。

注: タイマーは、スマートフォンで動画をオンライン再生している間のみ動作します。動画を一時停止または終了するとタイマーも一時停止します。YouTube アプリを終了したり、ログアウトしたり、アカウントを切り替えたり、端末を替えたり、動画を 30 分以上一時停止したりすると、タイマーはリセットされます。動画をオフライン再生したり、スマートフォンからキャストしたりした場合、タイマーは動作しません。


 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。