@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

休憩のリマインダー

動画を視聴している際に休憩を促すリマインダーを利用できます。リマインダーが表示されると、リマインダーを閉じるか、動画を再開するまで動画が一時停止されます。この機能はモバイル デバイスの YouTube アプリのバージョン 13.17 以降でご利用いただけます。

: 13~17 歳の YouTube ユーザーの場合、休憩のリマインダーはデフォルトで [オン] になっており、18 歳以上のユーザーの場合、デフォルトで [オフ] になっています。この設定は、すべてのユーザーがいつでも変更できます。

休憩のリマインダーを設定するには:

  1. プロフィール写真 をタップします。
  2. [設定] をタップします。
  3. [全般] をタップします。
  4. [休憩を取るように通知する] の横にあるスイッチをタップして [オン] または [オフ] にします。
    • [オン] にした場合は、リマインダーの頻度を選択して [OK] をタップします。
ヒント: 自分のプロフィール写真 次に [視聴時間] をタップして、休憩のリマインダーを設定することもできます。

リマインダーが表示されたときに [解除] をタップすると、動画の視聴を続けることができます。[設定] をタップすると、リマインダーの頻度を編集したり、リマインダーのオンとオフを切り替えたりすることができます。

次の点にご注意ください。

  • タイマーは、スマートフォンで動画をオンライン再生している間のみ動作します。
  • 動画を一時停止または終了するとタイマーも一時停止します。
  • アプリを終了したり、ログアウトしたり、デバイスを切り替えたり、動画を 30 分以上一時停止したりすると、タイマーがリセットされます。
  • 動画をオフライン再生した場合や、スマートフォンからキャストした場合、タイマーは動作しません。


 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false