YouTube Studio ベータ版のアナリティクスの概要

YouTube アナリティクスでは、最新の統計情報とレポートでチャンネルや動画のパフォーマンスを確認できます。

YouTube アナリティクスにアクセスする

  1. YouTube Studio ベータ版にログインします。
  2. 左側のメニューで [アナリティクス] を選択します。

YouTube アナリティクスには、さまざまなタブが表示されます。[概要] タブ以外の各タブでは、自分の目標との関連性が特に高いデータを確認できるようになっています。

: YouTube アナリティクスで表示される指標は、プラットフォーム(パソコン版の従来のバージョン、パソコン版の YouTube Studio、YouTube Studio アプリ)によって異なります。パソコンでもアプリでも、従来のクリエイター ツールより YouTube Studio のアナリティクスの方がより早く最新の指標を利用できます。

概要

[概要] タブには、チャンネルの重要な指標が表示されます。メインのグラフには、総再生時間、視聴回数、チャンネル登録者数が表示されます。YouTube パートナー プログラムに参加している場合は、過去 28 日間の推定収益も表示されます。

このタブには次の 2 種類のレポートも表示されます。

  • 人気の動画: 総再生時間による動画ランキング
  • リアルタイム統計: 過去 48 時間または 60 分間のパフォーマンス
リーチ
[リーチ] タブには、チャンネルの全体的なリーチが表示されます。メインのグラフには、YouTube 全体で自分の動画のインプレッションが表示された回数と、ユーザーがそのサムネイルをクリックして動画が視聴された回数が表示されます。
このタブには次のレポートも表示されます。
関心
[エンゲージメント] タブには、動画の視聴状況が表示されます。メインのグラフには、合計視聴時間、平均視聴時間、動画 1 本あたりの視聴時間が表示されます。
このタブには次のカードも表示されます。
視聴者
[視聴者] タブでは、動画の視聴者について把握できます。メインのグラフには、ユニーク視聴者数、視聴者 1 人あたりの平均視聴動画数、チャンネル登録者の増減が表示されます。
このタブには次のレポートも表示されます。
  • 上位の国: コンテンツの視聴者の国の分布。IP アドレスに基づくデータです。
  • 字幕の利用が上位の言語: チャンネルの視聴者が利用している字幕言語の分布。各字幕の再生時間に基づくデータです。
  • 性別: コンテンツ視聴者の性別分布。デバイスを問わず、ログインしている視聴者を対象としたデータです。
  • 年齢: コンテンツ視聴者の年齢分布。デバイスを問わず、ログインしている視聴者を対象としたデータです。
一部の視聴者のユーザー層データのみが表示されることがあります。トラフィックの全体的な構成を表したデータでない可能性があるのでご注意ください。
収益
このタブは、YouTube パートナー プログラムに参加しているクリエイターにのみ表示されます。
[収益] タブは、YouTube での収益の確認に役立ちます。メインのグラフには、推定収益額、収益化されている動画の数、再生 1,000 回あたりの推定平均総収入が表示されます。
このタブには次のレポートも表示されます。
  • 月別の推定収益: チャンネルの過去 6 か月間の収益額。当月と確定支払額のない月については推定額が表示されます。推定額は変更される場合があります。
  • 収益額が上位の動画: 期間中の推定収益が最も高い動画。
  • 収益源: YouTube で収益を得ている方法。
  • 広告の種類: 広告のフォーマットと購入者向けプラットフォーム。YouTube での広告収益と表示回数に基づく統計情報のみ表示されます。

 

YouTube アナリティクスでさらにデータを表示する

レポートを展開する

YouTube アナリティクスのほぼすべてのレポートでは、[詳細] をクリックすると全画面表示に切り替わります。全画面表示では、時間の経過に応じたより詳しいデータを確認できます。

視聴回数や総再生時間など、レポートに表示されている指標は左上のプルダウンを使用して変更できます。また、青色のプラスアイコン を選択して、レポートに指標を追加することもできます。

Esc キーを押すか、[閉じる] を選択すると、レポートが全画面表示から元の状態に戻ります。

特定の動画のアナリティクスを表示する

YouTube アナリティクスでは、特定の動画を再生しているときに、その動画に対するレポートを表示できます。YouTube アナリティクスを特定の動画に対して開く手順は次のとおりです。

  1. 左側のメニューで [動画] を選択します。
  2. 動画のタイトルまたはサムネイルをクリックします。
  3. 左側のメニューで [アナリティクス] を選択します。

動画アナリティクスのその他の表示方法

  1. レポートを展開した後、左上にあるチャンネル名をクリックします。特定の動画を選択できる検索ボックスが表示されます。
  2. クリックしてレポートを展開してから、任意の動画のタイトルにカーソルを合わせてアナリティクス アイコン を選択します。
  3. チャンネルの他のアナリティクス アイコン からも、該当するそれぞれの動画のアナリティクスを開くことができます。

より具体的なデータを取得する

[詳細] をクリックしてレポートを展開すると、より詳しいデータを確認するための各種オプションが表示されます。

  • 個々の行の詳細を表示する: 青色で記載されている行をクリックすると、さらに詳しいデータを表示できます。たとえば、トラフィック ソースを閲覧している場合、「YouTube 検索」などの結果をクリックすれば、チャンネルへのトラフィックを誘導した具体的な検索内容が確認できます。
  • データをフィルタリングする: 展開された各レポートの上部にフィルタバーがあり、視聴者の国、ライブ動画とオンデマンド動画との比較などでフィルタリングできます。
  • 別のディメンションを選択する: レポートを展開すると、フィルタバーの下に「市区町村」や「デバイスの種類」などのディメンションが表示されます。
  • 指標を追加する: 青色のプラスボタン を使用すると、レポートに指標を追加できます。

パフォーマンスを比較する

動画のパフォーマンスを比較するには、さまざまな方法があります。

  • 直接比較する: [詳細] をクリックしてレポートを展開した後、[対象] を選択して 2 つの項目を比較します。チャンネル、グループ、または特定の動画を任意で組み合わせて比較できます。2 つの項目を比較してから、期間、ディメンション、指標などを指定することで、掘り下げることができます。
    • ヒント: 複数の動画をグループにまとめ、パフォーマンスを一括表示すると便利です。YouTube アナリティクス グループについては、こちらをご覧ください。
  • 比較ラインを参照する: 特定の動画のアナリティクスを表示すると、期間を「公開後」に設定している場合、主要な指標のレポートに比較ラインが自動的に表示されます。これにより、最近アップロードした動画のパフォーマンスを、これまでの平均的なパフォーマンスと比較して確認できます。
  • 折れ線グラフを比べる: [詳細] をクリックしてレポートを展開すると、レポート内の各項目の横にあるチェックボックスをオンにできます。それにより、チェックされた各項目に対するグラフがレポートに表示されます。デフォルトでは「合計」の行が選択されています。

データをエクスポートする

YouTube Studio ベータ版では最大 50 行のデータを表示できます。500 行まで表示するには、エクスポート機能 を使用してレポートをダウンロードします。YouTube アナリティクスからデータをエクスポートする方法はこちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。