YouTube 動画自己診断プログラムの概要

動画の自己診断機能を利用できるクリエイターには、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに照らし合わせて動画を評価するようお願いしています。

YouTube 動画自己診断プログラム

自己診断が必要な理由

クリエイターに自己診断を入力していただくことによって、収益化の判定がより迅速かつ正確になります。自己診断の流れは次のとおりです。

  1. クリエイターが動画をご自身で評価し、それを YouTube に伝えます。
  2. その後、YouTube の自動システムによる判定が行われます。
  3. 自動システムの判定に同意できない場合は、人間による審査をリクエストすることもできます。
  4. 審査担当者が動画を確認し、フィードバックを提供します。動画内のコンテンツに関して、クリエイターと審査担当者の間で意見が分かれている箇所(例: 「不適切な表現」や「デリケートな問題」)をご確認いただけます。

動画の自己診断が一貫性を持って正確に行われている場合、YouTube の自動システムよりもクリエイターによる入力が優先されるようになります。また、クリエイターの入力内容はシステムの改善に役立てられ、収益化を行うクリエイターのコミュニティ全体に利益をもたらします。

必要なご対応

自己診断では、以下の動画を評価する必要があります。

  • 広告を掲載したい、すべての新しい動画。
  • すでにアップロードされていて、これから広告を掲載したい動画。

すでに広告が掲載されている既存の動画を評価する必要はありません。

動画の評価方法

以下の手順に沿って、動画が広告掲載に適したコンテンツのガイドラインを遵守しているか評価してください。

  1. YouTube Studio で手順に沿って動画をアップロードします。動画をアップロードする際に、[収益化] プルダウンを選択 次に [オン] をクリック 次に [完了] をクリック 次に [次へ] をクリックします。
  2. [詳細設定] カードで適切な選択を行い 次に [次へ] をクリックします。
  3. [広告の適合性] カードで質問項目に回答し 次に [次へ] をクリックします。
    • 質問項目に記載されたコンテンツが動画に含まれていない場合は、一番下までスクロールして [上記以外] の横にあるチェックボックスをオンにします。
  4. 動画の公開設定を選択します。 
    • 動画の収益化ステータスを事前に確認する場合は、公開設定を [限定公開] に設定します。自動評価に同意できない場合は、[動画] ページで人間による審査をリクエストできます。
  5. [完了] をクリックします。

評価ステータスを理解する

プログラムに参加している場合、評価の正確性に関するページが表示されます。

  • 自己評価の正確性を確認します。
  • 自己評価と YouTube による評価の相違点を確認します。
  • YouTube の評価担当者にフィードバックをリクエストしたり、評価担当者から提供されたフィードバックを確認したりします。

このページでは、これまでの自己評価が YouTube のシステムや人間による審査の評価とどれだけ一致しているかを確認できます。通常は、1 か月以上自己診断に参加して動画を 20 件評価した後で正確性が判定されます。自己評価が正確になるほど、動画に掲載される広告を決定する際に参照されるようになるため、この情報は重要です。 

正確性の評価の確認方法
多くの動画を評価すると、自己評価が YouTube の自動システムによる評価とどれだけ一致しているかを確認できます。人間の審査担当者による評価をリクエストしていた場合は、それらも確認できます。

評価ステータス ページを確認する

  1. 自己診断を行っているチャンネルで YouTube にログインします。
  2. https://studio.youtube.com/channel/UC/videos/contentratings に移動します。
  3. 評価ステータス ページが表示されます。

評価ステータス ページにある各列の意味

  • 動画: 評価された動画です。
  • 評価日: 動画を自己評価した日付です。
  • あなたによる評価: 動画の自己評価に基づき、YouTube のシステムが動画の収益化ステータスについて予測したものです。
  • YouTube による評価: YouTube システムや人間による審査によって判断された動画の収益化ステータスです。
  • YouTube の審査タイプ: 2 種類のアイコンが表示されます。1 つは自動システムによって動画が審査されたことを示し、もう 1 つはポリシー担当者によって審査されたことを示しています。 
    • コンピュータ: YouTube の自動システムによって収益化の可否が決定されたことを示します。
    • 人間: ポリシー担当者(機械ではなく人間)が動画を審査したことを示します。
  • アクション: 収益化の判断に対して可能な対応が表示されます。
    • 審査をリクエスト: 動画が YouTube の自動システムによって審査されたことを示します。YouTube の自動システムによる判断が必ずしも正しいとは限りません。誤りがあると思われる場合は、[審査をリクエスト] をクリックしてください。ポリシー担当者が収益化の可否を最終的に判断します。 
    • フィードバックを表示: ポリシー担当者が動画を審査して最終判断を行ったことを示します。人間による審査で判断された後は、収益化ステータスを変更できなくなります。[フィードバックを表示] をクリックすると、動画の自己評価とポリシー担当者による評価との相違が表示されます。詳しくは、収益化にあたって広告掲載に適しているかどうかを審査する仕組みをご覧ください。
自己評価がチャンネルに与える影響
YouTube による収益化の判断と、動画の収益化ステータスに関する自己評価との一致回数に基づいて評価ステータスが決まります。
正確性が高い場合: 動画に掲載される広告を決定する際にユーザーの入力内容が参照されます。
評価の正確性が低いまたは不明の場合、あるいは十分な数の動画を評価していない場合: ポリシー担当者からのフィードバックを詳しく確認し、広告掲載に適したコンテンツ ガイドラインの仕組みを理解する(もしくはより多くの動画を評価する)必要があります。自己評価の正確性が改善されると、動画に掲載される広告を決定する際にユーザーの入力内容がより多く参照されるようになります。  
正確性の評価は、随時変更される場合があります。

プログラムに関するよくある質問

自己診断機能を利用する方法を教えてください。
現在はすべてのクリエイターの方々に段階的に展開しています。
自己診断機能を利用できるようになると、動画の自己診断が可能になったことをお知らせするメッセージが YouTube Studio に表示されます。
動画の評価を開始すると必ず収益化されるのでしょうか?

広告掲載に適したコンテンツのガイドラインを満たしていない動画に広告を掲載しようとすれば、Google のポリシー担当者によって動画の収益化が無効にされます。しかし、収益化に関して正しい判断を続ければ、黄色のアイコンが表示される回数はだんだん減っていきます。これは、動画に掲載される広告を決定する際に、自動システムよりもクリエイターの評価が優先されるようになるためです。

自分の動画の収益化の可否を公開する前に確認する方法はありますか?
動画を公開する前に収益化ステータスを確認したい場合は、限定公開の動画としてアップロードしてください。
自己評価をより正確に行うにはどうすればよいですか?
次の 2 通りの方法で、動画を正確に評価する方法を学べます。
ガイドラインを確認する
広告掲載に適したコンテンツの例とガイドラインをご確認ください。どのようなコンテンツがほとんどの広告主に適していて、どのようなコンテンツが適していないのかを理解するのに役立ちます。
YouTube の審査担当者からフィードバックを得る
それでも動画を正確に評価する方法について理解できない場合は、プログラムに参加したまま自己評価の実績を積み、YouTube の広告掲載に適したコンテンツのガイドラインへの理解を深めることができます。次のことが可能です。
  1. 限定公開として動画をアップロードします。
  2. 動画を自己評価します。 
    • ここでの自己評価は、若干厳しめに行うことをおすすめします。コンテンツが広告掲載に適しているのか判断が難しい場合は、[広告に適していない] を選択します。
  3. 人間による審査をリクエストします。
    • 動画を広告掲載に適していないと評価し、それに関して人間による審査をリクエストする場合は、審査にかかる時間を短縮いたします。 
  4. YouTube の審査担当者が動画を審査し、最終的な収益化を決定します。
  5. 審査担当者からのフィードバックを確認します。
自己診断の際、判断を誤ってしまった場合はどうなりますか?

自己評価された情報をもとに、動画の収益化を有効にするかどうかを決める仕組みとなっているため、できる限り正確に評価していただくことが重要となります。

広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに基づき、自己診断で悪質な誤りが繰り返された場合は、YouTube パートナー プログラムへの参加資格を失う場合があります。

YouTube とテレビではコンテンツのガイドラインが異なるのはなぜですか?
広告主が YouTube に期待することは、テレビとは異なります。テレビでは通常、広告主が放送前にコンテンツを確認して、問題がないかどうかを判断する機会があります。YouTube では、広告が掲載される動画すべてを広告主が確認することはできません。YouTube の広告掲載に適したコンテンツのガイドラインは、どのようなコンテンツなら広告主が安心して自社ブランドの広告を掲載できるかを反映しています。広告主の好みは個々に異なる可能性がありますが、YouTube のガイドラインは世界中のほとんどの広告主に何が適しているのかを示しています。 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。