報告履歴を表示する

YouTube はユーザーから報告された動画を確認し、その動画が YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反しているかどうかを判断します。[報告履歴] ページにアクセスすると、YouTube で報告した動画の現在のステータスを確認できます。

  • 有効: まだ確認されていないか、YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反していないと判断された動画。
  • 削除済み: YouTube から削除された動画。
  • 制限付き: 年齢制限機能制限など、いずれかの制限が設定された動画。

動画によっては、「この動画の情報は利用できません」というテキストが表示される場合もあります。これは、動画がクリエイターによって削除されたか、ユーザーからの報告以外の理由により YouTube で利用できない(たとえば、お住まいの国で利用できない場合など)ことが理由です。

報告された動画は、報告時間が新しいものから順に表示されます。同じ動画を複数回報告した場合は、直近に報告したものが 1 つだけ履歴に表示されます。

場合によっては、報告した動画が [報告履歴] ページに表示されないことがあります。これは、その動画が他の大勢のユーザーによって報告済みであり、YouTube がすでに確認作業を開始していることを意味します。YouTube では今後この機能を改善し、動画が報告された回数に関係なく、報告したすべての動画が履歴に表示されるようにする予定です。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。