YouTube プライバシー ガイドライン

YouTube プライバシー ガイドライン

YouTube では、潜在的なプライバシーの問題に対応することでユーザーの皆様を保護しています。YouTube のプライバシー ガイドラインは、世界中のすべてのユーザーに適用されます。お住まいの国の法律では問題がない動画でも、YouTube のプライバシー ガイドラインには違反する可能性があります。

YouTube がコンテンツをプライバシー違反として削除する必要があるかどうかを判断する方法

顔写真、音声、フルネーム、政府発行の個人番号、銀行口座番号、連絡先情報(例: 自宅の住所、メールアドレス)など、個人を一意に特定できるコンテンツは削除の対象となります。また、プライバシー違反として削除の判断をする際には、公共性や報道価値なども考慮されます。YouTube は、プライバシー·ガイドラインの違反が発生したかどうかの最終決定を行う権利を有します。

「一意に特定できる」とはどういう意味ですか。

一意に特定できるとは、他人が個人を特定するのに十分な情報が動画に含まれていることを意味します。単に動画に写っている個人が確認できるだけでは、一意に特定できるとは見なされませんので注意してください。たとえば、下の名前だけで他の情報が含まれない場合や、チラッと映っているだけでは、一意に特定できるとは言えません。

YouTube のプライバシー手続きを進めるにあたって

プライバシー侵害の申し立てが提出された場合、YouTube はアップロードしたユーザーに、該当する動画内の個人情報を削除または編集するための機会を提供します。YouTube は違反の疑いがあることを通告し、アップロードしたユーザーには、改善措置を執るまでに 48 時間の猶予が与えられます。アップロードしたユーザーが 48 時間以内に対象の動画を削除した場合、この申し立てはクローズされます。48 時間が経過してもサイトでのプライバシー侵害の疑いが解消されない場合は、YouTube チームが申し立て内容を審査します。

プライバシー侵害の申し立て手続きは、連絡先や金融データを緊急に削除する必要がある場合にも使用できます。

プライバシー侵害の報告

プライバシー侵害の申し立てを行うには、プライバシー侵害を申し立てる手続きを開始します。このプロセスでは、申し立て者のプライバシーが常に尊重されます。本人の同意なしに身元情報や連絡先情報が開示されることはありませんので、ご安心ください。このプロセスでの申立人への連絡は、ご指定のメールアドレスに送信いたします。メッセージを確実に受け取るために、support@youtube.com を迷惑メールの対象から除外しておいてください。

本人からの申し立てが必要です。

第三者の代理として申し立てを行うことは認められません。ただし、以下の場合は例外です。

  • プライバシーを侵害された個人が、パソコンを利用できない
  • プライバシーを侵害された個人が社会的な弱者である
  • プライバシーを侵害された個人の保護者または法定後見人による申し立ての場合
  • プライバシーを侵害された個人の法定代理人による申し立ての場合

以下の代理として行われたプライバシーに関する申し立ては認められません。

  • 親族の一員(例: 夫、妻、いとこ、兄弟、姉妹など)
  • 同僚や従業員(本人が申し立てる必要があります)
  • 企業

プライバシー侵害の申し立て手続きのヒント

  • YouTube チームが動画内で対象の個人を識別できるように、明確かつ簡潔な説明を記載してください。
  • タイムスタンプを使用して、動画に対象の個人がはっきりと表示される場面を示すようにします(1 か所または 2 か所のみ)。
  • 動画内の他の人物と区別ができるよう、対象の個人が身に着けている洋服や、行っている動作について、説明領域に詳細を記載してください。
  • 報告には、動画の URL を必ず含めてください。ただし、チャンネル全体を対象として申し立てる場合は、URL の提出は必要ありません。
  • 動画のコメント欄のコメントについて報告する場合は、説明領域に注記します。また、ユーザー名の欄に、コメントをしたユーザー名も記入してください。

プライバシー侵害の通知を受け取った場合

アップロードしたユーザーには、動画内の個人情報を削除または編集するための機会が与えられます。この場合、違反の疑いがあることを通告するメールが YouTube から送信され、アップロードしたユーザーには、申し立てに対処するまでに 48 時間の猶予が与えられます。申し立てられたプライバシー侵害が 48 時間以内にサイトから削除された場合、この申し立て手続きは終了します。プライバシー侵害の可能性のある動画が 48 時間経過後もサイトに残っている場合、YouTube チームはこの申し立ての確認作業を開始します。
プライバシー侵害により動画が削除された場合に、同じ人々が映っている別の動画をアップロードしないでください。これらの個人が別のプライバシー侵害として申し立てるか、嫌がらせ行為として報告する可能があります。YouTube はユーザーの保護を重視しており、ユーザーのプライバシーを侵害するアカウントについては停止も辞しません。

苦情に対処するにはどのような方法がありますか。

  • 報告されたコンテンツをサイトから完全に削除できます。
  • 動画のタイトル、説明、またはタグに誰かの氏名やその他の個人情報が含まれている場合は、[アップロード済み] に移動してその動画の [編集] ボタンをクリックすると編集できます。
  • 動画に映る人物の顔をぼかすことができます。

以下の方法を含む、コンテンツの不完全な削除は承認されません

  • 動画を非公開にすることも、ステータスを非公開から公開にいつでも変更できるため適切ではありません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。