ライブ配信での自動字幕起こし

ライブ配信の自動字幕起こし機能は、チャンネル登録者が 1 万人以上の英語チャンネルを対象に徐々に提供を進めています。

自動字幕起こしは、Android 搭載端末、iOS 端末、パソコンに表示されます。字幕のオンとオフを切り替える手順はこちらをご覧ください。

ライブ配信が終了すると、ライブ中の自動字幕起こしは残らず、ビデオ オンデマンド(VOD)プロセスに基づいて自動字幕が生成されます。LASR は特に進行中のライブ配信のためのものです。

ライブ配信での自動字幕起こしに関する問題のトラブルシューティング

ライブ配信で自動字幕が表示されない場合は、以下のような原因が考えられます。

  • ライブ配信での自動字幕起こし機能が該当のチャンネルで有効になっていない。YouTube では現在、チャンネル登録者 1 万人以上のチャンネルに、徐々にこの機能を提供しています。
  • チャンネルが超低遅延または低遅延でライブ配信をしている(モバイルのライブ配信など)。ライブ自動字幕起こしは、通常の遅延によるライブ配信にのみ対応しています。
  • 動画で使用されている言語が自動字幕起こし機能でサポートされていない。
  • 動画の音質が悪い、または YouTube で認識できない音声が使用されている。
  • 複数の人が同時に話しており音声が重なっている、または複数の言語が同時に話されている。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。