インプレッションとクリック率のデータを活用するためのヒント

おすすめの方法は YouTube 全体の成功率の集計に基づくものです。特定のケースについての結果を保証するものではありません。
インプレッションの仕組みは何ですか?
動画がアップロードされるとすぐに、YouTube はその動画を関連するユーザーに表示し始めます。YouTube のシステムは何百もの指標に基づいて、どの視聴者がその動画を見る可能性が高いかを判断し、YouTube から削除されない限り、その動画を視聴者に表示し続けます。
インプレッション数がチャンネル登録者数よりも少ないのはなぜですか?
通知や、外部ウェブサイトまたは終了画面からのトラフィックは、現在インプレッション数のデータには含まれていません。ただし重要な点ですが、視聴者に動画のサムネイルが表示されてもインプレッションとしてカウントされない場合や、サムネイルのインプレッションを介さず視聴される場合もあります。
詳しくは、インプレッションとしてカウントされる対象についての記事をご覧ください。また、トラフィック ソースを調べて、視聴回数や総再生時間の多いソースを詳しく把握することもできます。
インプレッションのクリック率が高いか低いかを判断するにはどうすればよいですか?
インプレッションのクリック率は、YouTube でインプレッションがカウントされた後に視聴者が動画を視聴した頻度を測定したものです。この指標は、外部ウェブサイトや終了画面など、すべてのインプレッションをカウントしているわけではないため、チャンネルの合計視聴回数の一部のみを示しています。
インプレッションのクリック率は、コンテンツのタイプ、視聴者、インプレッションが表示された YouTube の場所によって異なります。動画のサムネイルは、トップページ、動画再生ページの [次の動画]、検索結果や、登録チャンネル フィードでも、常に他の動画と競合している点にご注意ください。

YouTube の全チャンネルと全動画の半数では、インプレッションのクリック率が 2〜10% の範囲です。

しかし、新しい動画やチャンネル(例: 1 週間未満)や、視聴回数が 100 回未満の動画ではその範囲がさらに広がります。動画のインプレッション数が多くなると(トップページや次のおすすめでプロモートされた場合など)、インプレッションのほとんどがチャンネル ページから発生している動画に比べて、クリック率が低くなるのは自然なことです。

最終的には、それぞれの動画のクリック率を長期的に比較し、トラフィック ソースがクリック率にどのような影響を与えるかを把握することが重要です。

クリックベイトになるようなサムネイルやタイトルを使用してクリック率を上げようとしないでください。YouTube は、視聴者に関連性がある場合や、視聴者が興味を示した場合に、その動画を視聴者におすすめします。視聴者が興味を持っているかどうかは、動画の平均視聴時間に反映されます。クリックベイト動画は平均視聴時間が短い傾向があるため、YouTube がおすすめする可能性は低くなります。サムネイルがクリックベイトかどうかは、クリック率が高いものの平均視聴時間が短く、予想インプレッション数が低いことで判断できます。

インプレッションのクリック率のデータを解釈するにはどうすればよいですか?

クリック率のみを見ることはおすすめしません。動画が視聴者をどのくらい惹きつけているかを把握するには、チャンネルや動画の他の指標と関連させてクリック率を調べます。クリック率のデータを解釈するには、次のような方法があります。
  • インプレッションのクリック率と平均視聴時間を確認して、視聴者がインプレッションをクリックした後にどれくらい長く視聴し続けたかを把握します。
    • クリック率が高く、平均視聴時間が短い場合: サムネイルに釣られているか、コンテンツが視聴者の期待を満たしていない可能性があります。
    • クリック率が低く、平均視聴時間が長い場合: サムネイルやタイトルがクリックに結びついていない可能性があります。ただし、熱心なファンだけではなく、幅広い視聴者にコンテンツがおすすめされていることを示唆している場合もあります(ターゲットが絞られていない視聴者はサムネイルをあまりクリックしない傾向があり、クリック率が低下します)。また、インプレッションのトラフィック ソースのデータを見て、インプレッションの発生元を確認します。
  • トラフィック ソースを見て、視聴回数と総再生時間の発生元を把握します。通常は、「YouTube 検索」などのトラフィック ソースのほうが、「ホーム」などのトラフィック ソースよりもクリック率が高くなります。これは YouTube 検索のほうが、視聴者が視聴する意図が強いためです。

クリック率のデータを解釈する場合は、特に低い数値や高い数値に注目すると、重要なことがわかります。一般的に、コンテンツがより広く配信され、インプレッション数が増加すると、熱心なファン以外の視聴者にも動画のサムネイルが表示されるようになります。そのためターゲットの絞り込みが弱くなり、クリック率が低下することがあります。これは正常なことです。

インプレッションのクリック率が高いか低いかわからない場合は、クリック率がチャンネル全体の成功にどのように関係しているかについての記事をご覧ください。

CTR データを使用する際に避けるべきことは何ですか?

CTR データを使用する際に避けるべき重要なことがいくつかあります。

  • 十分なデータなしで決定を下す。CTR の分析は、十分な数のインプレッションを受け取った後で行うことが重要です。アップロード後すぐに CTR を分析することは避けてください。
  • CTR の小さな変化に合わせて最適化する。CTR に多少の変動があるのは普通のことなので、即座に対応する必要はありません。改善は、CTR の変化が統計的に有意である場合にのみ役立ちます。
  • 同じ動画で複数のサムネイルやタイトルをテストする。それぞれの動画が同じ視聴者に視聴されるようにすることは困難です。CTR の差異は、タイトルやサムネイルではなく、トラフィック ソースによるものである可能性があります。
  • タイトルやサムネイルにクリックベイトを使用する。詳しくはクリックベイトに関するポリシーをご覧ください。
自分のチャンネルの「総リーチ」を把握するにはどうすればよいですか?
チャンネルや動画の何が視聴者を惹きつけているかの全容を把握するには、次のヒントを参考にして、インプレッション数とクリック率のデータを他の指標と併用してください。
  • トレンド: インプレッション数とクリック率が最も低い動画または最も高い動画を見つけて、トピックやジャンルで共通しているものがあるかどうかを確認します。
  • 視聴データ: インプレッションのクリック率と平均視聴時間を確認して、インプレッションをクリックした後に視聴者がどれくらい長く視聴し続けたかを把握します。詳しくは、「インプレッションのクリック率が高いか低いかを判断するにはどうすればよいですか?」をご覧ください。
  • 期間: 動画のインプレッション数やクリック率を比較する際に、同じ期間で検索を絞り込みます。アップロードしてから 1 日目、最初の 7 日間、最初の 30 日間を見て、時間の経過による傾向を確認してみましょう。
  • トラフィック ソース: トラフィック ソースを見て、視聴回数や総再生時間の発生元を把握します。また、インプレッションのトラフィック ソースのデータを見て、インプレッションの発生元を確認します。
インプレッション数よりも視聴回数のほうが多いのはなぜですか?
トラフィックの発生元のほとんどが youtube.com 以外の場合や、バックグラウンド タブで動画が視聴されている場合は、インプレッション数よりも視聴回数のほうが多くなる可能性があります。ただし重要な点ですが、視聴者に動画のサムネイルが表示されてもインプレッションとしてカウントされない場合や、サムネイルのインプレッションを介さず視聴される場合もあります。詳しくは、インプレッションとしてカウントされる対象についての記事をご覧ください。
クリック率の指標と自分で計算した値が一致しないのはなぜですか?
クリック率は、上記のグラフにあるように、カウントされたインプレッションに起因する視聴のみに基づいています。つまり、一部の視聴はサムネイルのインプレッションに起因していないため、動画の合計視聴回数をインプレッション数で割った場合、YouTube アナリティクスに表示されるクリック率と同じ値にはならないことがあります。
インプレッション数やクリック率を増やすにはどうすればよいですか?
クリック率の高さ以外にも、成功を示す重要な指標があります。チャンネルや動画の何が視聴者を惹きつけているかの全容を把握するには、インプレッション数とクリック率のデータを活用するヒントをご覧ください。一般的に、より多くのインプレッションを獲得するための最良の方法は、視聴者が好む、魅力的で質の高いコンテンツを一貫して制作することです。

インプレッション数とクリック率が非常に低いのはなぜですか?

インプレッション数が低いと感じる場合は、インプレッションのデータを確認する際に次の点を考慮してください。
  • 視聴者に動画のサムネイルが表示されてもインプレッションとしてカウントされない場合や、サムネイルのインプレッションを介さず視聴される場合もあります。詳しくは、インプレッションとしてカウントされる対象についての記事をご覧ください。
  • 古い動画は YouTube で公開されている期間が長いため、インプレッション数が多くなることがあります。動画の現在のパフォーマンスを明らかにするには、アップロードしてから最初の 7 日間のインプレッション数を他の動画と比較します。
  • 動画の人気が高まるにつれ、熱心なファン以外の幅広い視聴者にも表示されるようになります。その結果、全体的な視聴回数と総再生時間が増加した場合でも、クリック率は低下することがあります。
  • トラフィック ソース レポートを使用して、トラフィック ソース別のクリック率を確認します。これにより、さまざまな状況で、サムネイルとタイトルがどのようにインプレッションから視聴へのコンバージョンに影響しているかを把握できます。
クリックベイトになるようなサムネイルやタイトルを使用してクリック率を上げようとしないでください。YouTube は、視聴者に関連性がある場合や、視聴者が興味を示した場合に、その動画を視聴者におすすめします。視聴者が興味を持っているかどうかは、動画の平均視聴時間に反映されます。クリックベイト動画は平均視聴時間が短い傾向があるため、YouTube がおすすめする可能性は低くなります。サムネイルがクリックベイトかどうかは、クリック率が高いものの平均視聴時間が短く、予想インプレッション数が低いことで判断できます。
インプレッションのクリック率が高いか低いかわからない場合は、クリック率がチャンネル全体の成功にどのように関係しているかについての記事をご覧ください。
インプレッション数と収益化はどのように関係していますか?
コミュニティ ガイドラインに基づき、動画が幅広い視聴者に適していないとみなされた場合、その動画が獲得するインプレッションは制限されることがあります。これにより視聴回数が減り、結果として収益が減少する可能性があります。また、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに基づき、動画がほとんどの広告主に適していないと判断された場合、動画での広告掲載が制限されたり、まったく表示されなくなったりします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。