YouTube 公認報告者プログラム

YouTube 公認報告者プログラムは、コミュニティ ガイドラインに違反しているコンテンツの報告に関して特に貢献度の高い個人、政府機関、非政府組織(NGO)に強力なツールを提供する目的で、YouTube が開発しました。

YouTube 公認報告者プログラムの内容:

  • 一度に複数の動画を報告できる一括報告ツール
  • ポリシー適用プロセスの質問に関する限定公開ディスカッションのサポート
  • 報告されたコンテンツの審査結果の表示
  • より迅速に対処されるよう、公認報告者によって報告された動画を優先的に審査

プログラムへの参加資格

YouTube 公認報告者プログラムへの参加資格があるのは、個人、政府機関、NGO となっています。正確な報告を頻繁にできることが理想的です。

YouTube 公認報告者になるにあたり、応募者は YouTube のトレーニングに参加してコミュニティ ガイドラインと適用プロセスについて学んでいただく必要があります。これらのトレーニングは、YouTube の Trust & Safety チームおよび Public Policy チームが担当します。

YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反しないコンテンツを頻繁に報告する個人ユーザーについては、YouTube は公認報告者プログラムから除外する権利を有します。

報告の審査プロセス

公認報告者から報告された動画は、YouTube のコミュニティ ガイドラインに基づいて審査されます。公認報告者から報告されたコンテンツは、自動的に削除されたり、異なるポリシーによって対処されたりするわけではありません。他のユーザーから受け取った報告と同じ基準が適用されます。ただし、その高い正確性により、YouTube 公認報告者からの報告は優先的に審査されます。

公認報告者プログラムは、コミュニティ ガイドラインに違反している可能性のあるコンテンツを報告することを目的としています。地域の法規制に違反する可能性のあるコンテンツを報告するためではありません。地域の法規制に基づくリクエストは、YouTube のコンテンツ削除フォームから提出することができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。