YouTube にデバッグ情報を送信する

動画の再生に関する問題を YouTube に報告していただいた場合、デバッグ情報や統計情報の提供をお願いすることがあります。これらの情報は、YouTube でトラブルシューティングをする際に使用されます。デバッグ情報や統計情報には個人の特定につながる情報はいっさい含まれませんが、ご利用の端末と視聴していた動画に関する詳細情報は YouTube に提供されます。取得される詳細情報には以下のようなものがあります。

  • 端末(製造元、モデル、OS のバージョン)
  • 動画 ID(再生中の動画へのリンク)
  • CPN(再生ごとにランダムに割り当てられる、ほぼ一意の識別子)
  • 帯域幅の詳細

テレビで YouTube

統計情報

  1. 動画の再生中に、その他アイコン  をクリックします。
  2. 表示されるメニューで、統計情報アイコン をオンに切り替えます。
  3. 動画に戻り、プレーヤーに表示された統計情報を確認します。
  4. 統計情報がはっきりと見えるように写真を撮り、この情報を共有します。

統計情報をオフに戻すには、もう一度その他アイコン でオフに切り替えます。

統計情報はキャスト中にも表示できます。モバイル端末で統計情報をオンにすると、キャスト セッションの画面に表示されるようになります(手順については、以下を参照してください)。

統計情報

  1. 動画の再生ページに移動します。
  2. プレーヤーを右クリックし、メニューから [詳細統計情報] を選択します。
  3. 再生中の動画上に統計情報が表示されるようになります。
  4. 統計情報がはっきりと見えるようにスクリーンショットまたは写真を撮り、この情報を共有します。

デバッグ情報

  1. 動画の再生ページに移動します。
  2. プレーヤーを右クリックし、メニューから [デバッグ情報をコピー] を選択します。
  3. コピーした情報をパソコンから貼り付けて、デバッグ情報を共有します。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。