クリエイター ツールの収益化アイコンに関するガイド

この記事では、クリエイター ツールのアイコンについて説明します。YouTube Studio ベータ版のアイコンについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

チャンネルが YouTube パートナー プログラムに参加していて、動画の広告が有効になっている場合は、動画の横に次のいずれかの収益化アイコンが表示されます。この表を参考に、問題の原因をご確認ください。

「広告表示なし / 制限あり」の判断が間違っていると思われる場合は、人間による審査をリクエストできます。なお、以前に審査を行って最終的な判断を受けた動画については、決定を覆すことができません。広告掲載に適したコンテンツのガイドラインを遵守している動画でのみ広告表示を有効にするようにしてください。

動画が収益化されている

 
説明 収益化されています 収益化されています
意味 動画は収益化されています。 動画は収益化されていて、別のアカウントと動画の収益を分配しています。
対処方法

チャンネル登録者を増やす方法をご確認ください。

動画に広告が表示されない場合は、原因をご確認ください

収益の分配の詳細をご確認ください。

 

動画が収益化されていない

 

説明(カーソルを合わせると表示されるテキスト)

収益化されていません 収益化対象外
意味 動画またはチャンネルの収益化を有効にしていないため、動画は収益化されていません。 現在のところ収益化の対象になっておらず、広告や YouTube Premium から収益を得られません。
対処方法

動画が広告掲載に適している場合は、広告を有効にできます

問題の解決方法をご確認ください。

 

動画は収益化されていないが、再審査請求ができる

 
説明(カーソルを合わせると表示されるテキスト) ほとんどの広告主に適していない - 広告表示なし / 制限あり
意味
  • YouTube の自動システムによって、コンテンツがすべてのブランドに適していないと判断された場合。判断が間違っていると思われる場合は、「対処方法」のセクションをご覧ください。
  • 専門の審査担当者によって、動画が YouTube の広告掲載に適したコンテンツのガイドラインを遵守していないことが確認された場合。広告が表示される回数は少なくなりますが、YouTube Premium から定期購入による収益を得られます。人間による審査の判断は覆すことはできません。
対処方法

コンテンツが広告掲載に適したコンテンツのガイドラインを遵守していると思われる場合は、人間による審査をリクエストできます。

動画の審査がすでに行われており、広告掲載に適さないことが確認されている場合は、人間による審査を再度リクエストできません。

「ほとんどの広告主に適していない」アイコン が表示されていても、その動画が検索システムで制限を受けるわけではありません。広告主に適しているかどうかを示すアイコンは、YouTube で動画がどのように表示されるかについてお知らせするものではありません。しかし、冒とく的な表現や暴力を伴う動画は、すべての広告主には適さないのと同様、すべての視聴者に広くおすすめされるものでもありません。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。