特定の動画に対する機能制限について

悪意のある表現は YouTube で許可されていません。ある特性に基づいて、暴力を助長したり、個人またはグループに対する差別を扇動したりするコンテンツは削除されます。YouTube では、暴力犯罪組織を称賛、宣伝、または支援することを目的としたコンテンツも許可されていません。

ポリシーに違反していないコンテンツでも、削除の基準に近く一部の視聴者に不適切である場合、一部の機能が無効になる可能性があります。たとえば、次のような内容が含まれます。このリストがすべてを網羅しているわけではありません。

  • 宗教や至上主義に関する扇情的な内容を含むものの、直接的に暴力を促したり、差別を扇動したりすることを主な目的としていないコンテンツ
  • 個人や集団の特性を基に、彼らが悪や不正の原因であるとする陰謀論
  • 文書で十分に裏付けられた過去の暴力的な出来事を否定する動画

コンテンツは引き続き YouTube で表示されますが、動画再生ページではコメントや関連動画、高評価などの一部の機能は無効になり、警告メッセージが表示されます。また、このような動画は広告掲載の対象にもなりません。一部の機能が無効になりますが、アカウントへの違反警告は行われません。

動画の機能が無効になった場合は、YouTube からメールで通知が届きます。その決定に対し再審査を請求する場合は、通知メールに記載されたリンクをクリックするか、再審査請求の手順をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。