検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ライブ配信の遅延

ライブ配信の遅延とは、カメラがある出来事を捉えた時点から視聴者に表示されるまでの遅れを指します。ライブ配信を設定するときは、遅延の程度によって視聴者がどの程度の影響を受けるかを考慮するようにしてください。

視聴者とチャットを行ってコメントや質問に返答するような場合、遅延は低いほうが適しています。遅延を低くすると、視聴者側の再生バッファリングが増加する可能性があるのでご注意ください。

視聴者とやりとりしない場合、遅延の低さはあまり重要ではありません。

遅延と品質が相反する理由

遅延を低くすると、動画プレーヤーの先読みバッファが小さくなります。先読みバッファ量は、ライブ配信で遅延が発生する主な要因であるため重要な意味を持ちます。遅延を低くすると、ライブ配信ネットワーク全体(エンコーダからプレーヤーまで)で、再生がぎこちなくなる可能性が高くなります。
また、ネットワークの混み具合なども、ライブ配信で遅延が発生する原因となる場合があります。ただし、平均的なストリーミング ビットレートに対応する好条件のネットワーク環境でも、遅延は発生することがあります。
通常、このようなインターネット接続速度の変化は、視聴者のプレーヤーで一定量のライブ配信データを確保しておくことによって対処できます([詳細統計情報] の [Buffer Health] で示されます)。

ライブ配信の遅延を変更する方法

[イベント] では次のように変更します。
  1. youtube.com/my_live_events に移動します。
  2. [+新しいライブイベント] / [編集] をクリックまたはタップします。
  3. [詳細設定] を選択します。
  4. [ストリームの最適化] でいずれかのオプションを選択します。
  5. 変更を保存します。

[今すぐ配信] では次のように変更します。

  1. youtube.com/live_dashboard に移動します。
  2. [ストリーム オプション] を選択します。
  3. [ストリームの最適化] でいずれかのオプションを選択します。

モバイルは常に超低遅延に最適化されていることに注意してください。

ライブ配信で使用できる 3 種類のオプション:

通常の遅延

視聴者側の再生バッファ量を抑えたい場合に適しています。
視聴者とのやり取りを行わない場合は、このオプションを選択してください。視聴者側のバッファ量が最小限に抑えられるため、高い品質が得られます。
このオプションでは、すべての解像度とライブ機能がサポートされます。

低遅延

ほぼリアルタイムでやりとりを行う場合に適しています。
遅延を低くしながら、視聴者側のバッファ量も最小限に抑えたい場合は、このオプションを選択してください。他の 2 つのオプションの間をとったバランスのよい設定です。
この設定では、4K の解像度はサポートされていません。

超低遅延

リアルタイムで活発にやりとりを行うライブ配信に適しています。
視聴者のエンゲージメントを最大限に引き出す場合は、このオプションを選択してください。ただし、視聴者側のバッファ量が増加する可能性が高くなります。
この設定では、DVR、1440p、4K の解像度はサポートされていません。
注: この設定では、ネットワーク上でライブの取り込みの問題が発生したときに、視聴者が受ける影響が大きくなります。ストリームを維持するには、取り込みビットレートを下げることを検討してください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。