非公開としてロックされた動画

YouTube では、世界中のクリエイターや視聴者が楽しめるサイトを提供する一方で、不正行為に対して実効性のある対応策を積極的に講じることに尽力しています。その対応策の 1 つとして実施しているのが、関連性のないタグや誤解を招くタグの禁止です。

動画が誤解を招くメタデータに関するポリシーに違反していることが判明した場合、その動画は非公開としてロックされます。非公開としてロックされた動画は一般公開されなくなり、たとえその動画へのリンクを知っているユーザーがアクセスしても、再生不可として表示されるようになります。

この措置が講じられた場合はどのように通知されますか?

動画が非公開としてロックされると、その旨を説明するメールが届きます。異議を申し立てると、手続き方法に関する情報が記載された別のメッセージがメールで送信されます。

非公開としてロックされた動画はその後どうなりますか?

非公開としてロックされた動画はチャンネルや検索結果に表示されなくなり、他のユーザーからは見えなくなります。自分で非公開に設定する場合とは異なり、動画を再審査に提出して承認されるまでは動画のステータスを変更できません。

この措置が行われても、アカウントに対する違反警告は発行されません。問題を修正したうえで [動画の管理] から直接動画を提出し、再審査を依頼してください。再審査請求の提出手順については下記をご覧ください。

解決するにはどうすればよいですか?

  1. 動画の [説明] と [タグ] のセクションから、関連性のないタグや誤解を招くタグを削除します。詳しくはおすすめのメタデータ活用方法をご覧ください。
  2. チャンネルの [動画の管理] で、[非公開としてロック [再審査請求]] ボタンをクリックして動画を審査に提出します。再審査を請求できるのは、動画 1 本につき 1 回までですので、まず上記の説明をすべて確認してからお手続きください。

YouTube チームによる審査が完了しましたら、次の手順をご案内いたします。

この問題の解決方法に関する情報はどこで確認できますか?

こちらのおすすめの方法か、こちらの動画を見て動画のメタデータの修正方法をご確認ください。スパマーによるメタデータ違反など、より深刻なメタデータ違反の場合は利用規約の違反警告が発行され、YouTube から動画が削除されます。

再審査で違反がないことが認められると、動画は自動的に公開されますか?

いいえ。再審査で違反がないことが認められると、動画を公開できるようにはなりますが、自動的には公開されません。動画のプライバシー設定を自分で変更するまでは、動画は非公開のままとなります。これはユーザー自身で動画を公開するタイミングを管理できるようにするためです。

この措置を受けると、収益化にはどのような影響がありますか?

非公開としてロックされた動画は収益化の対象にはなりません。再審査請求を提出してポリシー違反が解消されていることが確認されると、収益化を再開できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。