視聴者による翻訳のスパムを管理する

視聴者のコミュニティに協力を呼びかけて、動画のタイトル、説明、字幕を追加してもらうことができます(これは「視聴者が投稿したコンテンツ」と呼ばれます)。視聴者による翻訳はすべて、コミュニティの審査プロセスで他の協力者によって審査されます。コミュニティからスパムとして報告されたコンテンツや不適切なコンテンツの除外は YouTube が行います。

YouTube はユーザーの皆さまの安全を大切にしています。そのため、YouTube はスパムをなくすための努力を続けており、チャンネルに表示されるコンテンツをユーザーが管理できるようにしています。不適切と思われるコンテンツは報告できます。

コミュニティを活用して翻訳作業や提供された翻訳を審査してもらうことはできますが、クリエイター自身でも審査と確認を行うことが重要です。コミュニティからの協力の大半は善意によるものですが、嫌がらせ行為が発生することがあるのも事実です。定期的な審査を行うことで、翻訳されたコンテンツにスパムリンクや不快な表現が含まれないようにすることができます。

審査プロセスの概要

視聴者が投稿したコンテンツはすべて、公開される前にコミュニティの協力者による審査が行われます。このプロセスの最中または終了後に、クリエイター自身でコンテンツの審査を行うこともできます。

  1. コンテンツが投稿されると、YouTube とコミュニティによるいくつかの審査が行われます。
    • YouTube は、不適切な言葉、協力者の評判、コンテンツの言語などの兆候を自動的に調べ、視聴者が投稿したコンテンツの品質を確認します。
    • コミュニティの協力者も、視聴者が投稿したコンテンツを審査します。コミュニティの協力者はコンテンツの品質について投票し、不適切なコンテンツの場合はスパムとして報告することができます。
  2. スパムとして報告されたコンテンツや自動チェックによってリスクが高いと判断されたコンテンツは、直接 YouTube のスパムおよび不正行為対策オペレーション チームに送られます。このチームのメンバーがコンテンツを評価します。
    • 視聴者によって投稿されたコンテンツがスパムまたは不適切だと判断された場合は、字幕協力キューから削除されます。
    • 視聴者によって投稿されたコンテンツが正確だと判断された場合は、協力者のコミュニティによる審査に送られます。
  3. 視聴者が投稿したコンテンツがスパムとして報告された場合は、2 つ目の審査が行われます。

視聴者が投稿したコンテンツに対する投票で十分な数の承認が得られると、そのコンテンツは(クリエイターによって審査済みかどうかにかかわらず)動画で公開されます。必要な承認の数は、動画、言語、協力者の人数や評判などの要因によって異なります。スパムや嫌がらせ行為がないかどうか、動画に対してコミュニティから投稿されたコンテンツを定期的に審査するようにしてください。

不適切な翻訳や字幕を報告する

YouTube では、不適切と思われるコンテンツを動画クリエイターと YouTube コミュニティに報告していただいています。翻訳に不適切な表現が含まれるコンテンツを発見したら、次の方法で報告できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。