翻訳された動画を確認する

視聴者に表示する動画を翻訳する方法

YouTube では、さまざまなシグナルを使用して自動的に動画の言語(タイトル、説明、字幕)を視聴者の好みに合わせています。シグナルには、視聴者の言語、場所、最近再生した動画などがあります。これらのシグナルによって、視聴者に最適な言語の動画が表示されます。この言語は、視聴者のメインの言語設定とは異なる場合があります。

視聴者が YouTube で言語設定を変更した場合、動画に変更後の言語バージョンがあったとしても、表示されるすべての動画が、変更後の言語バージョンにすぐに変わるわけではありません。

たとえば、視聴者が言語を英語に設定していても、フランス語も理解できるとシグナルが示す場合は、元のフランス語バージョンの動画が表示される可能性が高くなります。

注: YouTube では、視聴者が好みの言語を簡単に指定できるよう取り組んでいます。

翻訳された動画がどのように表示されるかを確認する

翻訳が動画でどのように表示されるかを確認したい場合は、別の言語を使用して動画を視聴します。

  1. Chrome、Firefox、MS Edge、Opera を使用してシークレット モードのブラウザ ウィンドウを開きます。
  2. YouTube 上のこの動画の動画再生ページに移動します。
  3. プロフィール写真 次の操作 [言語] 次の操作 をクリックし、目的の言語を選択します。

また、動画の URL を変更して特定の言語で表示することもできます。それには、動画再生ページの URL の最後に「&vl=」(小文字)と ISO 639-1 言語コードを追加します。

たとえば、動画の日本語バージョンを表示するには、URL を「www.youtube.com/watch?v=b9cKgwnFIAw」から「www.youtube.com/watch?v=b9cKgwnFIAw&vl=ja」に変更します。これにより、翻訳されたメタデータが表示されるようになり、設定 を使用して対応する字幕を有効にすることができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。