3D 動画のアップロード

YouTube は、標準 3D 動画または 360 度 3D 動画(バーチャル リアリティ動画)のアップロードと再生に対応しています。この記事では、標準 3D 動画をアップロードする際に必要となるメタデータについて説明します。360 度 3D 動画のアップロード方法については、バーチャル リアリティ動画のアップロード手順をご覧ください。3D 動画をアップロードする際は、必要な 3D メタデータが含まれているかご確認ください。

YouTube では、3D 動画で左右(LR)サイドバイサイド ステレオ レイアウトを使用できます。次の形式で動画にステレオ メタデータを含めてください。

  • .mov または .mp4 に格納された st3d ボックス
  • .mkv または .webm に格納されたサイドバイサイド LR に設定したステレオモード要素
  • H264 SEI ヘッダーに格納された FPA メタデータ

注: 3D 動画に 3D メタデータがない場合は、お好みの動画編集ソフトウェア(Sony Vegas Pro、GoPro Studio など)や FFmpeg ツールを使用してメタデータを追加してください。

.mov または .mp4 コンテナに格納された、H.264 にエンコードされた動画

ffmpeg -i input_file.mkv -vcodec libx264 -x264opts \    "frame-packing=3:frame-packing-interpret=1:frame-packing-quincunx=0:frame-packing-grid=0,0,0,0" output_file.mp4

Matroska 形式、WebM 形式の動画

ffmpeg -i input_file.mkv -c copy -metadata:s:v:0 stereo_mode=1 output_file.mkv

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。