@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

アップロード後の動画の画質が低い

動画をアップロードすると、最初に低画質で処理が行われます。この処理により、アップロード処理をより高速に完了できます。アップロードの手順が完了すると、さまざまなデバイス上で動画を低画質でストリーミングできるようになります。

4K や 1080p などの高い画質の処理には時間がかかります。この処理の間、数時間はその動画で高画質を選択できない可能性があります。高解像度の処理が完了すると、より高い画質で動画を視聴できるようになります。

高画質の動画をアップロードするためのおすすめの方法

動画は常に最初は限定公開としてアップロードし、高解像度処理が完了した後に公開してください。最初に限定公開としてアップロードし、後で公開することで、視聴者は動画を常に高画質で見ることになります。

アップロード後により早く HD 画質を表示できるようにするには、低い画質または低いフレームレートで動画をアップロードしてみてください。たとえば、画質を 4K から 1080p に切り替えると、HD オプションを視聴者が利用できるようになるまでの処理時間が短くなります。

処理時間について

処理時間は次のような多くの要因に左右されます。

  • 動画フォーマット
  • 動画の長さ
  • フレームレート
  • 画質

4K や 1080p などの高画質の動画では、アップロードと処理に時間がかかります。60 fps などの高いフレームレートの動画についても同じことが言えます。

たとえば、4K 動画のデータ量は 1080p 動画の 4 倍です。アップロードが完了してから 4K 画質が利用できるようになるまでに 4 倍の時間がかかります。長さが 60 分でフレームレートが 30 fps の 4K 動画の場合、高解像度処理が完了するまでに最長で 4 時間かかることがあります。フレームレートが 60 fps の 4K 動画ではさらに時間がかかります。

動画の画質を確認する

動画の高画質処理が完了したかどうかを確認するには、動画再生ページをチェックします。

  1. 動画再生ページを開きます。
  2. 動画プレーヤーで設定アイコン を選択します。
  3. [画質] をクリックします。

バックグラウンドでの処理が行われている間は、高画質のオプションが表示されません。詳しくは、動画の画質を変更する方法をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false