個々の動画の申し立て: ポリシーとおすすめの方法

この記事で説明する機能は、YouTube の Content ID による一致検出システムを使用しているパートナー様にのみご利用いただけます。

収益化の対象となるコンテンツ
クリエイターは動画を収益化の対象にできる条件を満たす責任を負います。これには、動画内のコンテンツに対する音声と映像のすべての利用権を明らかにする作業が含まれます。第三者の素材(ライセンスのない音楽など)を含むコンテンツは収益化の対象になりません。

ポリシー: 第三者としての個々の動画の申し立て
動画を収益化の対象にできる条件を回避しようとする目的で動画の申し立てを行うことはできません。これには、音楽パートナーによって音声の申し立てが行われたときに、収益を共有するためにクリエイターの動画に対して「映像のみ」の申し立てを行う場合も含まれます。第三者の素材はすべて完全に削除済みで、動画を収益化の対象とするために申し立てが解決済みである必要があります。YouTube は、パートナーがこのルールに準拠して申し立てを行っているかどうかを積極的に監視しており、違反したパートナーは申し立てを行うことができなくなる可能性があります。

よくある質問

クリエイターの動画の権利を管理したいと考えています。動画内のコンテンツをクリエイターが独占的に所有しているかどうかは、どのようにして判断できますか?

動画の権利を管理するための契約を結ぶ場合、お客様の会社がコンテンツに対する全責任を負い、代理人であることを主張します。独占的に所有していない映像や音声を使って作成したコンテンツは YouTube ポリシーに違反するため、申し立てを行っても無効になり、違反したパートナーは機能が無効化されたり、利用が停止されたりします。

最初に適正評価を行い、代理人となる予定の動画が正当で、独占的な権利を所有していることを確認するのは、お客様の会社の責任となります。

次の情報を確認することをおすすめします。

  • クライアントは映像に対するすべての権利(使用されている音楽や音声を含む)を所有していますか?
  • クライアントはこの動画を使用できる権限を他の人に付与しましたか?
  • クライアントは自分の動画であるという証拠を提示できますか?(例: 動画のオリジナル ファイル、オンラインで提供されているバージョンよりも長いファイルまたは高解像度のファイル)
この動画に含まれる音声と映像の両方のコンテンツを完全かつ独占的に所有しています。この素材に対して Content ID の一致を有効にするにはどうすればよいですか?

コンテンツ マネージャに関連付けられたチャンネルによってオリジナル動画がホストされている場合は、元のアップロード動画を特定して、その動画の [収益受け取り] タブで Content ID の一致を有効にします

場合によっては、パートナーが、クリエイターのチャンネル全体ではなく、個別の動画に対する権利を管理することに同意していることがあります。このような場合は、パートナーは手動検索ツールを使用して、クリエイターのオリジナル動画の申し立てを行い、その動画から参照ファイルを作成できます。手動検索ツールにアクセスする権限を現在お持ちでないパートナーは、担当のパートナー マネージャーに利用資格についてお問い合わせください。この機能を使用するには利用資格が必要です(YouTube はこの利用資格をいつでも取り消すことができます)。

注: 自分のチャンネルにオリジナル動画のコピーを再アップロードして、そのコピーから参照ファイルを作成しないでください。これを行うと、不必要な Content ID 一致エラーが発生してアセット所有権が競合するため、収益配分が遅れる原因となります。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。