著作権侵害によるコンテンツの削除と Content ID の申し立ての違い

コンテンツ所有者は、著作権を侵害しているコンテンツの削除依頼や、(Content ID ツールを利用可能な場合は)動画に対して申し立てを行い、ポリシーを設定してその動画の統計情報を収集して追跡する、広告を掲載したり広告収入を受け取ることでその動画から収益を得る、一部の地域でその動画を無効化するといったことをできるようにして、YouTube での著作権利益を管理できます。Content ID でのブロックによって著作権侵害の警告が発生することはありませんが、著作権侵害による削除では著作権侵害の警告が発生します。2014 年 1 月以降、Content ID の申し立ての数は著作権侵害による削除の 50 倍に達しています。

著作権侵害のコンテンツを削除

著作権法により、YouTube などのサイトには削除依頼を処理すること、処理の手順を説明することが義務付けられています。著作権侵害によるコンテンツの削除では、所有者が法律上のすべての要件を満たす正式な通知を YouTube に提出する必要があります。

著作権侵害による削除通知の結果として動画が削除された場合は、[著作権情報] にある動画の横に [動画は削除されました] と表示されます。著作権侵害による削除通知によって動画が削除された場合、著作権侵害の警告がアカウントに適用されます。自分のチャンネルに再びアクセスできるようにするには、コピーライト スクールの受講を完了する必要があります。詳しくは、著作権侵害の警告をご覧ください。

誤認によって動画が削除された場合は、次のいずれかの方法でご対応ください。

対応を取らない場合、警告を受けてから 3 か月後に期限切れになります。

Content ID に関する申し立て

著作権侵害による削除は法律で定められた措置ですが、Content ID は YouTube と YouTube のデータベースにコンテンツをアップロードしたコンテンツ パートナーとの間で交わされた契約により利用できる YouTube のシステムです。

ユーザーの動画が Content ID での申し立ての影響を受ける場合、[著作権情報] に [著作権保護されたコンテンツが含まれます] と表示されます。通常、申し立ては動画の追跡や収益化が目的であり、動画のブロックを目的とするものではありません。そのため、こういった申し立ての場合、動画は引き続き有効で(ただし、広告が表示されることがあります)、その動画を共有することも可能です。

Content ID での申し立てによって著作権侵害の警告を受けたり、チャンネルが停止されたりすることはありません。申し立てが誤って行われたと思われる場合は、異議申し立てを行うことができます。詳しくは、Content ID での申し立てについての記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。