360° ライブ動画のエンコーダ設定

ライブイベントの配信は 360° 動画に対応しており、その場にいるような感覚を楽しんでもらうことができます。なお、360° 動画のライブ配信を使用しない場合は、異なる設定が必要となります。

現在、YouTube でサポートされている 360° 動画は正距円筒図法によるものだけです。

エンコーダの設定

360° 動画のライブ配信を行うには、エンコーダの設定を変更する必要があります。

  1. youtube.com/livestreaming/stream にアクセスして、ライブ ストリームを作成します。
  2. タイトル説明を入力して [ストリームの作成] をクリックします。
  3. 設定アイコン > [設定] の順にクリックします。
  4. [360° 動画] に切り替えます。
  5. エンコーダを設定します。
    1. 配信できる最高解像度と最高ビットレートを選択します。
    2. 360° ライブでは 2160p または 1440p の解像度が推奨されます。
    3. 最適な動画品質を提供するために 16:9 のアスペクト比を選択します。詳しくは、アスペクト比についての記事をご覧ください。
  6. 360° 以外のライブ配信と同じように配信を開始します。
カメラが YouTube ライブと直接統合されている場合は、カメラの製造元の指示に沿って操作してください。

公開ライブ配信を始める前に、360° の配信テストを行ってさまざまな設定を試してみることをおすすめします。テストでは、公開ライブ配信で使用するものと同様の音声と動きを使うようにしてください。イベント中は音声と映像の品質を監視し、エラー メッセージを確認するようにします。

対応プラットフォーム

YouTube では、パソコンの Chrome、Firefox、MS Edge、Opera ブラウザを使った 360° 動画の取り込みと再生をサポートしています。また、YouTube アプリと YouTube Gaming アプリでも 360° 動画の再生がサポートされています。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。